Apple

Apple公式「アップルトレードイン」とは?【下取りする10の条件と対象】

2020年8月29日

 

Apple Trade-in で下取りをする場合、どんなところを気をつければいいの?アップルで下取りする場合の条件とか対象を知りたい。
もろもろ条件や対象があるから詳しく説明するね!

 

Apple Trade-in(アップルトレードイン)とは、Appleが公式で行っているiPhoneなどの下取り・買取サービスの総称を指します。

 

iPhoneやiPad、MacなどのApple製品を下取りや買取に出すにあたり、

  • 箱や同梱物がないとダメかな?
  • 傷があるけど下取りできるかな?
  • キャリアで買ったけど大丈夫?
  • SIMロックかかってるけど?
  • 残債が残ってるけどできる?

 

など疑問に感じたことはありませんか?

 

  本記事の対象

  • Apple Trade-in の条件は?
    .
  • Apple Trade-in の対象は?
    .
  • 対象じゃない場合の対処法は?

 

これらの疑問点を今日は解消していきます。

 

本記事を読むと、Apple Trade-in の条件・対象を知ることができます。

 

何も知らないでApple Trade-in を申し込むと、場合によっては自動でキャンセルされて時間とお金を損することもあり得ます。

 

本記事ではApple Trade-inの条件や対象をご案内していますが、具体的な流れを確認したい場合は下記の記事をご参照ください。

 

当ブログで一番読まれているApple Trade-inのマニュアルを目指した記事になります。

【完全保存版】Apple Trade In の流れを徹底解説(iPhone下取り)

続きを見る

 

Appleでの注文は楽天リーベイツを経由するだけでお得になります!もちろん下取りありの注文も対象です。普通に注文するのは損ですよー!

 

  Apple公式ストアで買う方

割引のないApple公式ストアでもお得に買える(対象外製品もあるので注意)

知ってる人はみんな使ってる楽天リーベイツ!

【必勝法】割引のないAppleストアでもお得に注文する方法【楽天リーベイツ】

続きを見る

 

  最新iPhoneをお得に買いたい方

Apple公式のストアで買うのと、ほぼ同条件で最大2万円もお得に買える

楽天モバイルでSIMフリーの最新iPhoneを最大2万円もお得に買う方法をご案内します。のりかえも不要でApple公式の保証もつけられます!

【激安】SIMフリーの最新iPhoneを2万円もお得に買う方法【実質3万円台〜】

続きを見る

 

では本題に戻って、さっそく案内していくよ!

 

Apple公式・下取り買取プログラム「アップルトレードイン」とは?

 

Apple Trade-in(アップルトレードイン)とはApple公式のスマートフォンやパソコンの下取り買取プログラムです。

 

Apple Trade-inは3通りある

Apple Trade-in(アップルトレードイン)の手続き方法は全部で3通りあります。

  1. オンライン下取り
    → 現金で還元(例外あり)
    .
  2. オンライン買取
    → ギフトカードで還元
    .
  3. 直営店で下取り・買取
    → ギフトカードで還元

 

同じApple Trade-inという名前でも、以上の3つは仕組みも窓口もすべて異なります。

 

下取りと買取の違い

  • 下取り … 製品購入が前提
  • 買取 … 製品購入に関係ない

 

他にもApple Trade-inの記事があるかと思いますが、どのApple Trade-inの案内なのかを把握した上で読まないと、まったく内容が異なるので「どっちが正しいの?」って混乱してしまいますので注意しましょう。

 

3つのApple Trade-inの違い

下取り 買取 直営店
強み 高額 時期不問 簡単
窓口 Apple BrightStar
(委託業者)
ストア
返金方法 現金 GiftCard GiftCard
期限 ×
製品購入 必須 不要 不要
査定額
スピード ×
自宅完結 ×
配送業者 ヤマト 佐川急便 -
必要書類 2点 1点 1点
回収方法 集荷 キット その場
事前梱包 不要 必要 不要
手続き 複雑 普通 簡単

 

上記にざっくりそれぞれの違いを載せましたが、これだけ仕組みが異なります。

 

本記事では、一番条件に縛りが多い①の「オンライン下取り(購入が伴う)」についてをご説明させていただきます。

 

買取や直営店での仕組みについての違いをさらに詳しく知りたい方は、下記の記事でご紹介させていただいております。

Apple Trade In のやり方は全部で3通り【すべて仕組みが違う】

続きを見る

 

アップルトレードインApple Trade-in 10の条件・対象

  1. 下取りに出す製品の対象
  2. 下取り対象の製品を購入
  3. 20歳以上の個人
  4. Apple IDが必要
  5. 1台購入につき、下取りは1台のみ
  6. iPhoneの下取りはiPhoneのみ
  7. 現金での還元は下取りのみ
  8. 支払方法に制限あり
  9. 指定の本人確認書類が2点必要
  10. 配送先と身分証明書の情報一致

 

上記の⑨と⑩は下取り額が1万円以上の場合に限りますが、それ以外はすべてが満たされている状態でないとApple Trade-inで下取りに出すことはできません。

 

こんな場合は下取りに出せる?

可否
本体に傷がある ⭕️
画面割れがある
購入時の箱やコードがない ⭕️
Appleストア以外で購入した ⭕️
注文者と使用者が違う ⭕️
SIMロックがかかっている ⭕️
残債が残っている ⭕️

 

箱やコードなどの同梱物がなかったり、ネットワーク制限がかかっていると減額されたり、残債が残ってると下取り自体できない業者もありますが、Appleの場合は可能です。

 

ただ、画面割れについては100円に減額されるか、下取り額がつかなくなります。

 

これから10個の条件・対象を説明していくね!

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象下取りに出す製品の対象

 

  下取りに出す対象製品の基本

製品や型番、年代によって異なる

 

iPhone、iPad、Mac、Watch、iPodなどアクセサリー以外のApple製品が対象の基本となりますが、年代や型番によっては対象外になるものもあります。

 

下取りの対象製品かどうかを判断するには、下記のボタンをクリックして確認しましょう。

下取り対象か確認する

 

ボタンを押すとAppleの下取りを管轄しているBright Starという企業のページに移動します。

 

注意ポイント

古すぎる製品、カスタマイズ製品、最新モデルは対象外となる場合があります。

 

下取り対象にならないものはリサイクル対象となります。リサイクルを希望する場合は下記のボタンをタッチすると窓口ページに飛びます。

 

  Apple公認リサイクル窓口

パソコン無料回収とありますが、iPadも無料回収対象製品ですので、パソコン1台としてカウントして大丈夫です。

Mac、iPadはコチラ

上記以外のApple製品はコチラ

 

Macや他社製品はオンラインのみ可能となり、直営店では受付は不可となります。

 

傷や画面割れは対象か?

対象だが、減額される可能性がある

 

iPhoneなどの本体にある傷であれば、多少の傷があっても減額されない可能性はあるのですが、画面に傷がある場合は減額もしくは値段がつかなくなります。

 

機能不良、基準を超える傷があるなど、当社の買取基準を満たさない場合、一律100円で買取り。満額からの一部減額はありません(20%減額など)
.
引用:Bright Star ホームページ

 

Appleの減額は数百円や数千円レベルではなく、一律で100円になります。

 

一律で100円に減額されるってすごいね…
外観がきれいでも、中のバッテリーが膨張してたりしても100円になるケースはあるみたいだから油断できないよ。

 

よって、画面に傷がある場合や本体に目立つ傷がある場合は、Apple Trade-in で下取りに出すことはお勧めできません。

 

購入時の箱やコードは必要なのか?

必要ない。本体のみあれば大丈夫。

 

むしろ本体以外は不要で、Apple Watchに関してはバンドすら不要です。

 

購入時の箱やバッテリーやコードなどは一切必要ないので、手軽でいいですよね!

 

むしろ送っても査定額に一切関係がない上に、仮にやっぱり必要になったので戻してほしいとお願いしても返却はできないと断られます。

 

梱包する箱も必要なく、集荷に来てくれるので、自分で梱包する必要がありません。

 

注意ポイント

ただ、配達員が集荷に来たらすぐ渡せるように初期化やデータ移行を事前にしておく必要がある。

 

本体のみで、事前に梱包もしないで集荷に来てくれるのは便利だね!
下取りキットは集荷の時に持ってきて、配達員がその場で梱包してくれるよ!事前にキットが届くわけじゃないから気をつけてね!

 

Apple以外で購入してる場合は?

購入場所はどこでも下取り可能

 

改造品など違法なものではない限り、基本どこで購入したデバイスでも下取りが可能です。

 

キャリアや量販店はもちろん、ヤフオクやメルカリなどで購入したデバイスでもAppleの正規品であれば下取りは可能です。

 

どこで買ったかとかは関係ないんだね?
Appleの正規品であれば、何も問題ないよ!

 

注文者と使用者が違う場合は?

問題ない。むしろ関係ない。

 

親が注文して実際に使っていたのは子供というようなケースもあるかと思いますが、まったく問題ありません。

 

下取りを出すデバイスはシリアル番号(製造番号)で管理されているので、誰が買ったとか誰が使っているというのは一切関係ありません。

 

シリアル番号がわかっている20歳以上の方であれば、誰でも下取りに出すことができます。

 

紐づいてるApple IDとかも関係ないの?
購入時のApple IDは購入履歴に紐づいてるだけだし、製品に紐づいてるApple IDも下取りに出す時は初期化するから関係ないよ!

 

SIMロックがかかってる場合は?

SIMロックの有無にかかわらず下取り可能

 

SIMロックとは、他社のSIMカードを装着しても利用できないように、自社のスマホにネットワーク利用制限をかけることを指します。

 

このネットワーク利用制限がかかっていると、特定のキャリアでしか使えないため、SIMフリーの端末よりも買取額が下がるのが一般的です。

 

ところが、Appleで下取りする場合、Appleで買っていようが、キャリアで買っていようが、査定額は変動なく下取りをしてもらえます。

 

キャリアで買っていて、解約の条件でiPhoneの返却がある場合はどうなるの?
その場合もAppleで下取りできるけど、キャリアに怒られちゃうのでやめようね…

 

分割の支払いが残っている場合は?

残債の有無にかかわらず、下取り可能

 

Appleで下取りをする場合、支払い状況は全く関係なく下取りが可能です。

 

たとえばいま使っているiPhoneを24回払いで買っていたとして、まだ支払いが残っている場合もあるかと思います。

 

その場合、通常は買取に出すと査定額が下がったり、買い取ってもらえない傾向があるのですが、Appleで下取りに出す場合は査定額に影響することなく下取りすることが可能です。

 

じゃあ、Appleで下取りしたら残債もなくなるの?
それはないよ。分割の支払いは今まで通り続くよ。

 

注意ポイント

ただし、下取りに出してデバイスを手放した後も支払いは続きます。

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象下取り対象の製品を購入

 

購入する製品の対象

現在オンラインストアで販売している製品が購入対象となります。

  • iPhone 
  • iPad
  • Mac
    MacBook Air、MacBook Pro、iMac、iMac Pro、Mac Pro、Mac mini
  • Apple Watch

 

以上が対象となり、たとえばAirPodsなど対象外の製品を購入するときは同時に下取りに出すことはできません。

 

注意ポイント

整備済製品は対象外

 

整備済製品とは、簡単に言うと「新古品」です。店頭での展示製品やメーカーに返品された製品を、再度整備して正規品と同等の品質で販売する製品を指す。

 

ようは購入する製品によって、一緒に下取りの申し込みができるものとできないものがあるってことね?
そういうこと!

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象20歳以上の個人

 

Apple Trade-in は日本在住の20歳以上の個人が対象となります。

 

購入時に20歳未満は下取りができないことを知らずに注文と同時に下取りを申し込んだ場合、注文自体はできてしまいますが、肝心な下取りは続けられずキャンセルされます。

 

注文ができるなら、どこで未成年ってわかるの?
下取りの手続きの時に生年月日を入れるところがあるから、そこで判明するよ。

 

ただ、製品が出荷されて、いざ下取りの申し込もうと生年月日や職業を入力する欄で20歳未満の生年月日を入れると先に進めなくなります。

 

じゃあ、適当に20歳以上の生年月日を入れれば進めるんじゃないの?
そうすると提出する身分証明書の生年月日と一致しないで本人確認が進まないよ。

 

注意ポイント

結論、注文時に未成年の人を配送先名義に入れると、その時点で下取り続行はできなくなりますので注意しましょう。

 

20歳未満が下取り不可で注文した場合、気づくのは製品が届いてから、もしくは発送されてからなのでいずれにせよ一旦クレジットカードに請求はかかります。

 

ただ、製品が届いてから14日以内であれば返品は可能なので、下取りできないならキャンセルしたいという方は返品手続きをしましょう。

 

法人の場合は?

通常のApple Storeから購入と同時に下取りができるのは個人のみとなります。

 

法人窓口はまた別にあり、iPhone、iPad 5台以上、もしくはMac 2台以上から申込可能です。

 

法人の場合はまったくやり方が違うんだね?
そうだね。法人の場合、買取のみのApple Trade-inであって、購入と同時の下取りは個人しかできないよ。

 

領収証を法人名義にて依頼

注文時の名義は個人にして、領収証を勤務先の会社や教育機関の名義に変更して発行を依頼することは可能です。

 

会社の経費で落としたい場合は、注文は個人名義でして、法人名義で領収証の発行依頼をかけることで対応するのも手段かと思います。

 

領収証は依頼しないと発行されない上に、発行されるまで1週間ぐらいかかる場合もあります。急ぎの場合は電話で依頼しましょう。

 

発行希望の場合は下記のボタンをクリックして指定のフォームから依頼をしましょう。

領収証発行フォーム

 

注意ポイント

領収証の発行依頼は製品が出荷されてからでないと依頼はできず、注文日ではなく、出荷日が領収証発行日となります。

 

たとえ8月に注文を入れても、出荷が9月に入ったら、領収証に記載される日付は9月になるので会社経費で落としたい人は注意しましょう。

 

注文の請求者名義が個人でも、領収証の発行依頼をかけるときは宛名を法人にすることはできるんだね?
そうだね!もちろん請求先名義の人が勤務してる法人名ということが前提だけどね。

 

1万円未満なら法人名義でも可能?

公の情報には載っていませんが、下取り額が1万円未満の場合は身分証明書による本人確認が入らないので、実質1万円未満であれば法人名義でも仕組み上は可能かと思います。ただ試したことはないので断言はできません(^_^;)

 

ただ1万円以上の場合は、身分証明書で本人確認が入るため、下取りを進めることはできません。ただ、製品の購入注文自体はできてしまうので注意しましょう。

 

自営業で住所が自宅でもダメなの?
企業名や屋号も含めて全部身分証明書に書いてあったらできるかもしれないけど、まず書いてないよね?

 

法人名義で注文した場合、20歳未満と同様に下取りができないこと気づくのは購入製品が出荷されてからなので、いずれにせよ一旦クレジットカードに請求はかかります。

 

同様に下取りできないならキャンセルしたいという方は返品手続きをしましょう。

 

  返品手続きの正しいやり方

【完全版】Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ

続きを見る

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象Apple IDが必要

 

Apple IDと注文オーダーが紐づけずにゲスト購入でも注文は可能ですが、紐づいていないと下取りを続行することができません。

 

Apple IDに関しては、製品が到着した後でも紐付けは可能なので、注文時にゲスト購入で進めた方は紐付けましょう。

 

 

Apple IDの紐付け方

上記画像の赤枠のタップして、下にスクロールすると「ご注文番号で検索」とあるので、「Wから始まるご注文番号」と「メールアドレス」を入力してから、サインインします。

 

Apple IDにサインインしないと、ゲスト購入で購入している場合も生年月日と職業の入力はできないため、下取りが進みません。

 

上記画面右の「ご注文番号で検索」でWから始まる注文番号と登録されているメールアドレスで検索した上でApple IDを追加>サインイン>電話番号入力をする必要があります。

 

なんかいろいろ手間がかかりそうだね。
Apple IDを持っていない人は、買う前に作っておいた方が無難だね!

 

Apple IDを追加後はサインインをして注文履歴の中のiPhoneなど(下取りに紐づいている製品)をタッチすると、「情報を追加する」と表示が出てくるので、そこから入力。

 

まだApple IDを持っていない方は、Apple IDを作成した上でサインインしないと生年月日と職業が入力できません。

 

Apple IDを持っていない場合は?

作りましょうw

Apple IDの作り方

 

紐づけるのは誰のApple ID?

購入者のApple IDと紐付けます。

 

注文を入れたときにサインインをしたApple IDとなります。ゲスト購入した場合は注文を入れた人のApple IDと紐付けます。

 

例えば購入者は父親で、実際使うのは子供の場合、どっちのApple IDを入れればいいの?と混同しがちですが、その場合は利用者である子供のApple IDは無視して大丈夫です。

 

父親のApple IDに紐づいたオーダーで買ったiPhoneで子供のApple IDを登録しても問題ないの?
まったく問題ないよ!あくまで注文時のApple IDは購入履歴と紐づいてるだけで、本体のシリアル番号と紐づいてるわけではないよ。

 

注文の時に入れるApple IDと実際に使用するiPhoneに登録するApple IDはまったく別物と考えて問題ないです。

 

じゃあApple Careに加入してて、故障した時の補償はどうするの?その場合は父親の名前じゃないとできないの?
Apple Careは本体のシリアル番号と紐づいて管理されてるから、利用者である子供が相談して問題ないよ。

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象1台購入につき、下取りは1台のみ

 

iPhoneやiPad、Macなど購入を1台するにつき、下取りは1台することが可能です。

 

購入するiPhoneが1台なのに、2台の下取りデバイスを出すことはできません。

 

複数の下取りを出したい場合は?

買取のみのApple Trade-in であれば、複数の買取が可能となりますが、下取りとは異なり、Apple Store ギフトカードでの還元となるため、現金では還元されません。

 

もしくはApple直営店で在庫があるデバイスを購入希望の場合は、複数の下取りをギフトカードに変えて、そのギフトカードをその場で直営店で購入するときに使うことも可能です。

 

ただ直営店の場合、Macや他社製品は下取りができないので注意しましょう。同時にカスタマイズや刻印の注文も直営店ではできません。

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象iPhoneの下取りはiPhoneのみ

 

iPadやMac、Watchを購入するときにiPhoneなど購入製品と異なるデバイスを下取りに出すことはできますが、iPhoneの場合はiPhoneのみしか下取りに出すことができません。

 

iPhoneを下取りに出して、新しいiPhoneを購入するなら問題ありませんが、iPhoneを下取りに出してiPadなどiPhone以外の製品を購入希望の場合は、買取や直営店でギフトカードに還元して利用するしかありません。

 

他の製品を下取りしたい場合は?

買取もしくは直営店で査定に出すか、他社で買取に出すことをおすすめします。

 

  Apple Trade-in(買取)

Apple Trade-in(オンライン買取)の申し込み方法・流れ

続きを見る

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象現金での還元は下取りのみ

 

購入と同時にオンライン下取りに出した場合は、購入時に使用したクレジットカード会社経由で下取り額が現金で還元されますが、買取や直営店で査定に出した場合はApple Store ギフトカードでの還元になります。

 

Apple Store ギフトカードには期限はなく、次回以降の注文で使うことができますが、使うにあたって注意点もあるので詳しくはこちら。

Appleギフトカードの違いと使い道【買い間違えたらマジで地獄】

続きを見る

 

買わずに現金還元したい場合は?

Appleでは残念ながら、購入を伴わずに現金で還元する方法はないので、他社での買取を検討することをおすすめします。

Appleより高価買取?iPhoneおすすめ買取業者10社を徹底比較

続きを見る

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象支払方法に制限あり

 

支払い方法は下記の3点のみとなります。

  • クレジットカード(分割含む)
  • Apple Store ギフトカード
  • Apple Pay

 

銀行振込やコンビニ払い、代金引換など現金を扱う支払い方法は、下取りができません。

 

注意ポイント

ローンも対象外です。

 

クレジットカード

クレジットカードは分割払いも設定が可能ですが、分割払いの場合は支払い手数料が別途かかるので注意しましょう。

 

手数料はカード会社により異なりますが、注文時の支払金額の明細には記載されず、請求時に初めて手数料がいくらかかるかわかります。

 

デビットカード機能付きのクレジットカードでも支払いは可能ですが、うまく支払いが進まないケースがあるようなのでおすすめできません。

 

分割払いが選べなかったんだけど、なんで?
アプリから注文してない?アプリからは分割払いを選べないから、Webサイトから注文する必要があるよ。

 

注文した後に分割回数が選べると思って注文してしまった方は、キャンセルしてもう一度Webサイトから注文する必要があります。

Apple Trade-in の注文申込手順【初めてでも安心!図解で解説】

続きを見る

 

キャンセルするにはどうすればいいの?
キャンセルはAppleの注文履歴からキャンセルするか電話(0120-993-993)でキャンセルできるよ。

 

Apple Store ギフトカード

Apple Store ギフトカードはクレジットカードのみ併用可能ですが、ギフトカードを一部でも支払いに使用した場合、下取り額はギフトカードから優先して還元されますので注意しましょう!

 

ん?どういうこと?
ちょっとわかりにくいかな?では、ここはクイズ形式で説明するね。

 

10万円のiPhoneを購入にあたり、

・2万円のギフトカード
・残り8万円はクレジットカード


2つの併用で支払いをしたとします。

 

同時に下取りデバイスの下取り額が3万円の場合、現金で換金されるのはいくらでしょう?

 

 

答えは、下取り額の返金3万円はギフトカードの2万円から優先して還元されます。

 

よって、現金で換金されるのは残りの1万円ということになります。

 

 

つまり、ギフトカードで払っても、下取り額は現金ではなく、そのまんまギフトカードで返ってきやがります。きます。

 

Oh デジャブ〜w

 

となるので、余ってるギフトカードを使って、この機会に現金で還元してやろう!ひっひっひっwと企んでる方がいたら、その希望はあっさり散るので気を付けて!

 

これはむずいなーw
支払い方法に準じて返金されることの案内はあるけど、ギフトカードが優先される案内はないからね。

 

かと言って、現金から優先して返金されるとも書いてないから何とも言えないこの歯痒さ…w

 

これこそ知らないと損します。

 

Apple Pay

購入時の最終確認で名義の表示が出ないため、紐づいているカードの情報が間違えていると下取りができなくなることもあるので注意しましょう。

 

注意ポイント

クレジットカード分割払いの場合、支払い手数料は別途発生します。(カード会社により手数料は異なる)
※ 購入時の支払明細に手数料は記載されない

 

クレカとギフトカード併用の場合も現金から還元されたらいいのにね。

 

クレジットカードがない場合は?

デビットカードで対応するのが唯一の手段となりますが、あまりおすすめはできません。

 

デビットカードもクレカと同様の流れで請求が進みますが、即時決済の特性上、注文時と発送時で一時的に二重で請求がかかる可能性がある上に、不具合があって返金などする場合、2〜3ヶ月程度かかる可能性があるようです。

 

よって、デビットカードはおすすめできませんw

 

Apple Store ギフトカードを現金で事前に購入して、Apple Store ギフトカードで支払えばいいんじゃない?あったま良い〜♪
それやると、下取りの還元もギフトカードになるよw

 

下取り額の返金は、支払いに使われた支払い方法で還元されます。しかも残念ながらApple Store ギフトカードが優先されますw

 

よって、Apple Store ギフトカードが一部でも使われると、仮にクレジットカードと併用したとしても、ギフトカードが優先されて還元されるのでやめましょう。。。

 

このくだりで泣きを見てる人は結構いるみたい…

 

これで間違えてコンビニにあるApp Store & iTunesギフトカードを10万円分買っちゃったなんて言ったもんだったら、地獄ですね(^_^;)

 

iTunesカードじゃ、Apple製品は買えないもんね?
そうだね!コンビニで買った場合、Appleでは対応してくれない上に、レシートがなかったらコンビニとも返金交渉できないしね…

 

少し話がそれましたが、こんな失敗はしないように気をつけてください!

 

  ギフトカードの買い間違いに注意

Appleギフトカードの違いと使い道【買い間違えたらマジで地獄】

続きを見る

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象指定の本人確認書類が2点必要

下取り額1万円以上の方のみ対象

 

下取り額が1万円以上の場合、身分証明書を用いて、本人確認が入ります。

 

1万円未満の場合は本人確認が入らないので、ここの案内は無視して大丈夫だよ!

 

下記対象の本人確認書類の2点のアップロードが必須で、表裏ある身分証明書は表面、裏面の両方をアップロードする必要があります。

 

対象の本人確認書類

  • 運転免許証
  • 日本国発行パスポート
  • 在留カード(外国人)
  • 特別永住者証明書(外国人)
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 住民票(原本)
  • 外国人登録証明書
  • 公共料金領収証(2点目のみ)

 

注意ポイント

マイナンバーカードは選択肢にない

 

こちらはスマホやパソコンの操作に不慣れでも、アップロードのみが対象となるため、FAXや郵送などでは対応してくれません。

 

1点目に顔写真付きの身分証明書をアップロードした場合、2点目に電気や水道などの公共料金の領収証も認められていますが、名前の表記がカタカナだと本人確認書類とみなされないなど縛りも多いようです。

 

注文で入れた名義がアルファベットだったりしても、本人確認は通りません。

 

ここで本人確認が通らずに意図せずキャンセルになってる方が非常に多いようです。

 

僕もそのうちの一人でした…つらたん。

 

ここはとても重要なので、詳しくは下記の記事に記載させていただいております。一度、目を通していただくことを強くお勧めします!

Apple Trade In 最大の落とし穴とは⁉︎【本人確認に隠された3つのワナ】

続きを見る

 

身分証明書(2点)がない場合は?

下取り額が1万円以上の場合は、必然的に対象の身分証明書が2点必須なので、持っていないと残念ながら下取りはできません。

 

1点だけじゃダメなの?
うん、ダメだね。だから申し込んでから本人確認書類がないことに気づいた場合は、意図せぬ自動キャンセルになるのが末路だね…

 

少なくとも先述のうち2点が用意できないと下取りを進めることができません。

 

身分証明書が1点しかない場合は、今回の下取りをキャンセルされますが、買取のみのプログラムを別で申し込むことで対応可能です。

 

ただ、1万円未満の場合は身分証明書は必要ないので、下取りは続行できますのでご安心を。

 

その場合はギフトカードでの還元にはなりますが、詳細は下記の記事にてご案内します。

Apple Trade-in(オンライン買取)の申し込み方法・流れ

続きを見る

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象配送先と身分証明書の情報一致

下取り額1万円以上の方のみ対象

 

重要なのは配送先情報

注文するときに請求先情報と配送先情報を入れますが、身分証明書での本人確認が入るのは請求先ではなく、配送先情報になります。

 

注意ポイント

本人確認書類と一致させるのは、請求先情報ではなく、配送先情報

 

なので、たとえばiPhoneを購入するときに請求先には自宅の住所で入力していたとしても、勤務先の会社に届けてもらうように配送先情報を入力したとします。

 

この場合、配送先情報と身分証明書が一致しないため、下取り続行はできなくなります。

 

情報不一致の想定ケース

  • 勤務先・出張先に届ける
  • 実家(帰省先)に届ける
  • プレゼントで友人に送る
  • 身分証明書が引っ越し前の住所
  • 身分証明書が旧姓・カタカナ表記
  • 配送先でない人の証明書を送った

 

上記のように配送先名義の方の身分証明書と相違がある場合はすべて本人確認が通りません。

 

こういうケース普通にありそうだね!
そうなんだよ。だから下取り額が1万円以上の場合は気をつけようね!

 

注文者と使ってる人が違う場合は?

何も問題ない。大事なのは配送先情報。

 

下取りデバイスは人ではなく、シリアル番号(正確にいうと異なりますが、製造番号みたいなもの)で紐づいているので、購入者と利用者の関係性はありません。

 

よって、本体が手元にあって、シリアル番号が分かれば、誰でも下取りの申し込みが可能です。

 

え?でも本人確認が入るんじゃないの?
注文する人(請求者)は誰でも大丈夫だよ。大事なのは配送先名義だね。

 

下取り額が1万円以上の場合、配送先名義の人の本人確認書類のアップロードや生年月日の入力が必要になります。

 

以下の場合、配送先名義である母親の本人確認が取れれば下取りは可能です。

  • 請求者名義:父親
  • 利用者:子ども
  • 配送先名義:母親

 

こちらは配送先名義が未成年なので、Apple Trade-inのルール上、下取りができません。

  • 請求者名義:父親
  • 利用者:子ども(未成年)
  • 配送先名義:子ども(未成年)

 

ではこの場合はどうなるでしょう?

  • 請求者名義:子ども(未成年)
  • 利用者:父親
  • 配送先名義:父親

 

正解は、配送先名義である父親の本人確認が取れれば、下取りは可能です。

 

請求者名義は未成年でも、配送先名義の人が20歳以上であれば下取りできます。

 

ようは請求者や利用者は関係なく、配送先名義の人の本人確認が取れれば問題ないってこと?
そう!すべては配送先情報が鍵を握っているよ!

 

注意ポイント

申し込むのは誰でも構いませんが、下取り額が1万円以上の場合、配送先名義の人で本人確認が入るので注意しましょう。

 

アップルトレードイン下取りする10の条件・対象まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

途中で少し話が脱線しましたが、いずれも事前に確認しておかないと下取りが進まなくなる可能性があることが伝われば幸いです。

 

もう一度復習してみましょう。

 

  Apple Trade-in の条件・対象

  1. 下取りに出す製品の対象
  2. 下取り対象の製品を購入
  3. 20歳以上の個人
  4. Apple IDが必要
  5. 1台購入につき、下取りは1台のみ
  6. iPhoneの下取りはiPhoneのみ
  7. 現金での還元は下取りのみ
  8. 支払方法に制限あり
  9. 指定の本人確認書類が2点必要
  10. 配送先と身分証明書の情報一致

 

以上の点を意識して、注文をすると意図せぬキャンセルが避けられるかと思います。

 

同じ下取りに出すなら、やっぱり気持ちよく取引したいもんね!
そうだね!今のうちに懸念点を知っておくだけでスムーズに下取りも進むよ!

 

今回は以上となります。
本記事があなたの参考になれば幸いです。
また別の記事でもお待ちしています!

 

おすすめ記事

楽天モバイルを賢く使う方法10選【キャリアのりかえ不要で有効活用できる】

続きを見る

あわせて読みたい

【完全保存版】Apple Trade In の流れを徹底解説(iPhone下取り)

続きを見る

 

少しでもこの記事を読んで参考になりましたら「ブックマーク登録」、「SNSでシェア」をしていただけると嬉しいです。

-Apple
-

error: Content is protected !!

© 2021 いまから Powered by AFFINGER5