Apple

【完全版】Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ

2020年9月6日

 

Appleで製品を買ったけど、やっぱり返品したい。理由を聞かれたらどうしよう?やっぱり使わなくなっただけなんだけど。
条件を満たしていれば理由は何でも問題ないよ!それが仮に開封後で使っていても大丈夫だよ!

 

基本的にはAppleオンラインストア、もしくはAppleの直営店で購入した製品は受け取ってから14日以内であれば、仮に開封して製品を利用していたとしても無料で返品が可能です。

 

基本的には?例外もあるってこと?
そうだね!これから詳しく説明していくよ!

 

   本記事の対象

  • Apple製品を返品したい
  • 返品のやり方を知りたい
  • 返品に関する注意点を知りたい

 

本記事を読むと、Apple製品を送料無料で返品するやり方、返品に関する注意点を知ることができ、未然にミスを防ぐことができます。

 

では早速行くよー!

 

Apple製品を送料無料で返品する方法返品条件

 

  基本的な返品条件

  • Appleで購入した形ある製品
  • 製品が到着してから14日以内
  • 箱と同梱物がすべて揃っている

※ OSなどライセンスコードは返品対象外

 

一般的には損傷がなく、上記の条件がクリアされていれば、やっぱり必要なかったなど理由に関係なく返品できますのでご安心ください。

 

開封済みでも使用済みでも返品可能(使用済みの場合、初期化する必要はあり)

 

まずは基本的な条件から案内していくね!

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめAppleで購入した製品

Appleで返品が可能なのは、下記の2点のどちらかで購入した製品に限ります。

 

 

量販店などで購入した製品はAppleでは返品できませんので、その場合は購入した量販店で交渉するようにしましょう。

 

また、Appleストアで購入していたとしても、コードで送られるタイプのソフトウェアは返品対象外となります。

 

Apple公式オンラインストアで購入した製品は郵送でも直営店(クレジットカード一括払いに限る)でも返品が可能ですが、直営店で購入した製品は郵送での返品はできず、直営店での返品のみ可能となります。

 

注意ポイント

・量販店で購入した製品はAppleでは返品できない。

・コードで送られるソフトウェアは返品対象外
.
・Apple直営店で購入した製品は郵送では返品できない。

 

コードで送られるタイプのソフトウェアは未使用でも返品できないの?
そうだね。だから購入するときは注意してね。

 

逆に条件によっては、コードで送るタイプのギフトカードなど返金が可能なものもあるので詳細は以下の記事でお伝えします。

Appleギフトカードの違いと使い道【買い間違えたらマジで地獄】

続きを見る

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ製品が到着してから14日以内

オンラインストアで購入した場合は製品が到着した日、直営店で購入した場合は購入した日から14日以内であれば返品理由に問わず、返品の手続きが可能です。

 

下記のようにオンラインストアで購入した場合、支払い方法によって入金日が異なりますが、返品期限が計算されるのは実際に受け取った日である8月12日から14日以内となります。

 

  • 7月30日:注文日
  • 8月10日:発送日
  • 8月11日:配達されたが不在
  • 8月12日:実際に受け取った日
  • 8月26日:返品期限

 

受け取った日から14日以内って受け取った日は入る?
入らないよ。単純にカレンダーの2行下の日までと考えるとわかりやすいかもね。

 

月の前半であれば単純に14を足した26日、月をまたぐ場合はカレンダーの2列下にある日までとなるので26日までが期限となります。

 

 

返品期限って、返品手続きの期限?それとも期限までに製品を送らないといけないの?
手続きの期限だよ。
その後の細かい期限はあとで伝えるね!

 

【例外】ホリデーシーズンの条件

Appleでは年末ホリデーシーズンの返品期限を長く設ける期間があります。

 

今年の場合、オンラインのApple Storeで購入し、2020年11月10日から2021年1月6日の間に受け取った製品の返品依頼は、2021年1月20日まで受け付けています。

 

期間は毎年変わりますが、最長で約2ヶ月も返品期限に猶予があるのはありがたいですね!

 

注文した日じゃなくて、期間中に受け取った日が対象ってこと?
そうだよ!たとえ11月10日より前に注文していても、受け取ったのが11月10日以降なら対象だよ。

 

詳しくはこちらをどうぞ。

【裏技あり】Appleホリデーシーズンの返品期間を1月20日まで延長

続きを見る

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ箱と同梱物がすべて揃っている

購入製品はコードやアダプタなど元々箱に入っていたものすべてを返品する必要があります。

 

ここで注意したいのが、購入した時の化粧箱(下記画像の白い箱)も同梱物の1つとして捉えられるため、化粧箱がないと返品できないと言われます。

 

 

なので最低でも返品期限が過ぎるまでは箱は捨てないようにしておきましょう。

 

送られてきた外側の茶色い箱があれば、その箱にそのまま入れて返品すればいいですが、茶色い箱で送ることは必須ではないので、梱包さえできればどの箱でも大丈夫です。

 

注意ポイント

同梱物、化粧箱がないと返品不可

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめカスタム製品や刻印入りも返品可能

文字通り、他の返品状況が満たされていれば、カスタマイズ製品や刻印が入った製品も通常の製品と同様に返品可能です。

 

カスタマイズ製品とは、購入時にメモリやストレージなどのスペックを上げたり、キーボードを日本語版からUS版に変更している製品を指します。

 

刻印とはiPadの背面やAirPodsのケースに文字などを刻印している製品を指します。

 

ここからは注意点だよ!

 

Apple製品を送料無料で返品する方法返品手続きの注意点

 

  返品する際の注意点

  • 下取りもキャンセルされる
  • 付属アクセサリーの一部返品不可
  • 保護フィルムは対象外
  • ソフトウェアは未開封の場合のみ
  • ギフトパッケージ代は戻らない
  • 代引き手数料は返金されない
  • 購入場所によって異なる
  • 支払い方法によって異なる

 

ここでお伝えする内容はすべて自己都合による返品の場合となります。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ下取りもキャンセルされる

購入と同時に下取りの申し込みをしている場合は、一緒に申し込んだ下取りも返品手続きをしたと同時にキャンセルとなります。

 

あとになって、やっぱり返品するのをやめたいから下取りも続けたいとなった場合、返品手続きを取り消すことはできますが、下取りは一度キャンセルされると復活できません。

 

注意ポイント

返品の取り消しはできても、下取りキャンセルの取り消しはできない。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ付属アクセサリーの一部返品は不可

同梱物すべてに通じるところもありますが、Macのマウスやキーボードなどアクセサリーの一部返品はできません。

 

Macに付属してついてくるキーボードやマウスもメモリやストレージと同様にカスタマイズの一部として捉えられているため、やっぱり下記のように変更したいからと言って、一部を返品もしくは交換することはできません。

 

  • キーボードを日本語版>英語版
  • Magic Mouse>トラックパッド

 

この場合、Mac自体を返品することは可能なので、返品して再注文し直す必要があります。

 

注意ポイント

Macのキーボードやマウスなどの一部のみを返品することはできない

 

ただ、Macとは別にマウスやキーボードを別で注文している場合は、マウスやキーボードのみの一部返品は可能になります。

 

付属のアクセサリーはダメだけど、別で購入してれば返品ができるんだね?
そういうこと!

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ保護フィルムは対象外

たとえばiPhoneを返品するにあたり、すでに保護フィルムを貼ってしまっていたとしても保護フィルム代金の補償はありません。

 

iPhoneを返品する場合は、保護フィルムは剥がした状態で返品しましょう。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめソフトウェアは未開封の場合のみ

Microsoft Officeなどの物理的な箱が送られるタイプのソフトウェアは未開封であれば返品できますが、開封されていると仮に未使用でも返品ができなくなります。

 

なお、OSやFinal Cut Pro Xなどメールで送られるタイプのソフトウェアは送信された時点で返金はできないようなので注意しましょう。

 

注意ポイント

・Microsoft Officeなど箱で届くタイプのソフトウェアは開封済みの場合、未使用でも返品不可。
.
・OSなどメールで送られるタイプのソフトウェアは送信された時点で返金不可。

 

未使用でも返品できないのはキツイね…
まぁ、コードがあれば返品しても使えちゃうからね。

 

ただ、ソフトウェア単体での購入ではなく、プリインストールソフトウェアとして購入している場合は、Macごと返品という形であれば返品は可能です。

 

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめギフトパッケージ代は戻らない

プレゼントなどで送る際にギフトパッケージを有料で付けている場合、返品の際はギフトパッケージの料金は返金されません。

 

返品ではなく、まだ製品が手元に届いていない場合のキャンセルはギフトパッケージの代金も返金されます。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ代引き手数料は返金されない

支払い方法を代金引換にした場合、製品を受け取る時に500円(税抜)を支払いますが、返品しても手数料は返金されません。

 

また返金先の口座を指定しない限り、返品処理だけでは返金されませんので、希望する返金先の口座情報を電話で伝える必要があります。

 

請求先に登録されている人以外の口座名義では返金処理を進めることができません。

 

子どもの名前で注文して、子どもが口座を持っていない場合はどうするの?
子どもの名前で口座を作る必要があるよ。親の口座では返金されないよ。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ購入した場所によって異なる

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめAppleオンラインストア

オンラインで注文した場合は、返品手続きを下記の3つから選べます。

  • オンライン(クレカのみ)
  • 電話
  • 直営店(クレカ一括払いのみ)

 

オンラインストアで購入した製品は14日以内であれば、上記の3つから返品受付方法が選べます。

 

返品手続き方法は、後ほどご案内します。

 

直営店に持ち込む場合は、購入時に届いたメールに記載のあるWから始まる注文番号と身分証明書があれば、特に事前に予約などの手続きは必要なく、そのまま店に行って返品可能です。

 

注意ポイント

直営店に持ち込んでの返品は、クレジットカード一括払いに限る。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめApple直営店

ヤマトは不可。直営店でのみ返品可能

 

直営ストアで購入したものは郵送での返品は不可となり、直営店に持ち込んでの返品のみ可能です。

 

購入時に届いたメールに記載のあるRから始まる番号と身分証明書を持っていけば、レシートなどを持っていなくても、早ければ5分程度で手続きは終わります。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ量販店など

Appleでは返品不可

 

Appleオンラインストアもしくは直営店以外で購入した場合、つまり量販店などで購入した場合はAppleでは返品不可となります。

 

返品を希望する場合は購入したお店で応相談となります。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ支払い方法によって異なる

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめクレジットカード

返品完了後、5営業日程度で返金(クレジットカード会社経由)

 

支払いする月と返金される月が同じ場合や、Apple製品を購入以外に何か支払いがある場合はその請求額から差し引かれて、請求と返金が相殺になる場合もあります。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめデビットカード

返品完了後、1〜2ヶ月程度で返金(クレジットカード会社経由)

 

デビットカードもクレジットカードと仕組みは同じでカード会社経由での返金となるのですが、デビットカードの場合、二重で請求がかかる可能性もあるので調査などが入るためか、返金までかなり時間がかかります。

 

クレジットカードとデビットカードの仕組みの違いは以下の記事でもご紹介しています。

お支払いに関する問題が発生していますメールの原因と5つの対応方法

続きを見る

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめオリコローン

初回は引き落とされる可能性があるが後日返金される

 

オリコローンで購入して製品が届いているということは、ローンの承認が下りているということになるので、引き落とし先の口座をすでに指定してる場合は分割払いの初回分は口座から引き落とされる可能性があります。

 

例えばiPhoneとカバーのようにローンで複数の製品を購入して、カバーだけなど一部を返品する場合、Appleに返品した製品が届くと減額申請についてのメールが届くので、自身でローンの減額申請を行う必要があります。

 

また、ローンを利用できる額は3万円以上からとなるので、iPhoneとカバーを購入して、iPhoneだけを返品するとなると、カバーだけでは3万円以上に満たないため、iPhoneだけの返品は不可となります。

 

注意ポイント

返品後に3万円未満となる一部返品は不可

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめApple Store ギフトカード

返品完了後、3営業日以内に返金

 

購入時にギフトカードの全額を使用した場合は新しいギフトカード番号で発行されてメールで送られてきます。

 

一部を使用した場合は元のギフトカード番号に返金されます。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ銀行振込・コンビニ払い・代金引換

返品完了後、3週間程度で返金(要連絡)

 

返品手続きが終わっても、振込先の口座に自動で返金されることはありませんので、返金先の口座情報を電話で伝えない限り、返金処理が完了しません。

 

  必要な口座情報

  • 銀行名
  • 支店名
  • 支店番号
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 口座名義

 

振り込んだ時の銀行と同じ口座である必要はありませんが、必ず請求者本人が電話をして、請求者本人名義の口座でないと返金してもらえません。

 

銀行口座を持ってない人の場合はどうなるの?
請求者の名前で口座を開設するように言われるよ。

 

たとえ親が請求者を子供の名義で購入して、配送先名義が親だったとしても、請求者である子供名義の口座でないと返金はできません。

 

注文時の請求者名が子供な上に、子供が19歳以上だった場合は、親から電話をしても本人確認が取れずに返品依頼すらできません。

 

請求者本人からご連絡くださいと言われるので、子供から電話する必要があります。

 

電話するって、どのタイミングですればいいの?返品した製品が届いてからでないとダメ?
返品した製品が届いてなくても大丈夫だよ。早めにしておいたほうがいいね!

 

なお、代金引換の場合、手数料の500円(税別)は返金されません。

 

注意ポイント

請求者本人から返金先口座の指定をしない限り、返金されない

 

Apple製品を返品する方法

ではここからは実際に返品に出す際のやり方を図解でご案内していきます。

 

返品に出す方法は3種類。

  • ヤマト営業所
  • ヤマト営業所以外
  • 直営店

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめヤマト営業所

送料無料で返品が可能

返品期限:2通目の返品メールを受信してから7日以内

 

オンラインストアで購入した場合、ヤマト営業所へ持ち込んでの返品が基本となります。

 

手続きは2種類から選べます。

 

  Appleの購入履歴から手続き

まずAppleの購入履歴に入ります。

 

画面左からApple IDにサインインするか、画面右で注文番号とメールアドレスから入り、購入した製品を選択すると画面左下に「返品を開始する」→「返品プロセスを開始する」と表示があるので、そこから返品手続きをします。

 

 

支払い方法によってはこの表示がないので、表示がない場合は電話で依頼をする必要があります。

 

この表示を押すと、確認の有無もなく即座に返品処理が進んでしまうので、返品を希望しない場合以外は絶対に押さないようにしましょう。

 

仮に押した場合、返品自体の取り消しは電話で可能ですが、下取りも同時に申し込んでいた場合、返品処理と同時に下取りもキャンセルされて下取りの続行ができなくなります。

 

下取りのキャンセルの取り消しはできないの?
下取りは一回キャンセルされたら、いかなる理由でも復活できないから注意してね!

 

オンラインから返品処理をした場合は、登録されているメールアドレスに下記でご案内する2通のメールが届くので待ちましょう。

 

  Appleに電話する

電話でも返品手続きは可能です。

 

こちらには請求者本人から電話してWから始まる注文番号を伝えた上で本人確認終了後に返品する旨を伝えれば返品手続きは完了です。

 

  返品手続きの流れ

返品の手続きが済むと、返品に関する2通のメールが下記の件名で届きます。

  • 1通目:返品依頼受付のお知らせ。
  • 2通目:返品方法のご案内

 

1通目のメールは比較的早めに届きますが、2通目のメールは1通目のメールが届いてから24時間以内に届くので、時間差があります。

 

この2通目に返品手続きで必要な予約番号と予約パスワードが発行されますので、1通目のメールだけでヤマトの営業所に行っても返品手続きができないので気をつけましょう。

 

また、2通目のメールが届いた日から7日以内に最寄りのヤマト運輸の営業所に持ち込む必要があります。

 

  • 返品メール2通目に記載がある予約番号とパスワードを待つ
    .
  • 2通目のメール受信から1週間以内にヤマト営業所へ持ち込む
    .
  • ヤマト営業所以外では無料での返品は不可(コンビニなどは有料)
    .
  • 返品メールが届かない場合はアドレスを変更して再送依頼をかける

 

  1通目のメール

件名:「返品依頼受付のお知らせ。」

このメールは比較的早めに届きます。

 

最寄りの営業所まで商品をお持ち下さいと記載があり、「最寄りの営業所」をタッチすると営業所を検索することができます。

 

 

そこではコンビニなども出てきますが、「宅急便センター」で検索しないとコンビニでは無料で返品できないので注意しましょう。

 

  2通目のメール

件名:「返品方法のご案内」

このメールがとても重要!

1通目のメールが届いてから、24時間以内に受信とタイムラグがあるので注意!

 

 

注意ポイント

・2通目のメールが届いてからヤマトの営業所に行かないと返品手続きはできない
.
・2通目のメールが届いた日から1週間以内にヤマト運輸の営業所に持ち込まないと無料で返品ができなくなる
.
・返品番号が複数発番された場合はすべて送り先に返品番号を伝える必要がある

 

複数の返品番号が発番された場合は、それぞれの箱に伝票を貼るか、1つの伝票は箱に貼り、他の伝票は同梱すれば1つの箱にまとめて送ることも可能です。

 

それぞれの箱に貼る場合は箱と伝票番号がテレコにならないように気をつけましょう。

 

ポイント

返品手続きをする期限は製品を受け取ってから14日以内。手続き後に2通目のメールが届いてから1週間以内にヤマト営業所に持ち込むのが期限になるので、フルに活用すると実質約3週間の猶予があります。

 

このメールを受信してからヤマト営業所に向かうとネコピットと呼ばれるタブレット状の端末があるので、そこで手続きを行います。

 

 

仮にクロネコメンバーズであったとしても、問答無用で「提携フリマサイト、提携企業サイト」のボタンをタッチします。

 

次に「直接入力される方」をタッチ。

 

 

2通目の返品メールに書かれている「受付番号」と「予約パスワード」を入力して「次へ」をタッチします。

 

 

配達希望日は最短を選び、最後にApple Store 返品受付窓口宛になっていることを確認して「次へ」をタッチして終了します。

 

 

すると近くに設置されてあるプリンターから送り状が印刷されますので、その送り状と返品する製品をそのままスタッフに渡しましょう。

 

複数の返品番号が発行されている場合は「受付番号」と「予約パスワード」が書かれたメールも複数届いていると思うので、返品番号の数と同じだけ上記のネコピットの操作をして伝票を出しましょう。

 

伝票が発払い伝票になっているので、Appleの返品手続きをしたことがないスタッフだと配送料金を求めてくる可能性がありますが、ヤマト営業所への持ち込みの場合は送料無料です。

 

この場合、着払いに変えてもらったほうがいいの?
いや、その発払い伝票でゴリ押ししていいよ!

 

発払い伝票と記載があるので不安に思う方もいるかと思いますが、それがもともと仕様のようなので、発払い伝票でもAppleが送料負担であることを自信持って伝えましょう!

 

手続きが済むと伝票の控えがもらえますので、そこに送り状番号の記載があります。

 

その番号をクロネコヤマトの荷物お問い合わせシステムに入力すると荷物を追跡できるようになります。

 

注意ポイント

ヤマトの追跡で配達完了になっても、Appleのステータスに反映されるまで数日のタイムラグがあります。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめヤマト営業所以外

送料は有料

返品期限:Appleに返品手続きをした日から14日間(手続きした日は含まない)

 

コンビニなどヤマトの営業所以外や別の運送会社で手配をする場合は送料が有料になります。

 

手続きは電話のみとなり、配送手配は別途ご自身でする必要があります。

 

返品メールに記載されている「3」から始まる返品番号を伝票の備考欄もしくは箱に記載する必要があるので忘れないでおきましょう。

 

返送先の住所は下記になります。

※ 送る前にAppleでの手続きが必要です。

〒272-0004
千葉県市原市原木3041
西濃シェンカー株式会社
Apple Store返品受付窓口 宛
0120-993-993

 

集荷して欲しい場合は自分で手配する必要があるの?
そうだね!ヤマト営業所への持ち込み以外の送料は有料で手配も全部自分でする必要があるって覚えておくとわかりやすいかもね!

 

注意ポイント

「3」から始まる返品番号の記入をすることなく、上記の住所にいきなり送ってしまうと返品処理がされませんので、必ずAppleに連絡してから手配しましょう。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ直営店

オンラインストアで購入した場合はクレジットカード一括払いに限る

返品期限:製品が届いてから14日以内

 

オンラインストアで購入した人(クレジットカード一括払いのみ)も直営店で購入した人も事前に予約は必要なく、あなたの都合が良い時間に行って返品することが可能です。

 

直営店で購入した人はレシートがあればベストですが、なくても購入した時のメールに書かれている注文番号と身分証明書があれば、10分もかからないくらいの時間で終わります。

 

ただ支払い方法に準じた返金方法となるので、クレジットカードでの支払いの場合はクレジットカード会社経由での返金となるため、その場ですぐ返金とはなりません。

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめ返品完了

 

返品処理が完了されると返金処理が行われますが、支払い方法によって返金されるタイミングが変わってきます。

 

返金されるタイミング目安

支払い方法 返金予定
クレカ カード会社経由で5営業日以内
デビットカード カード会社経由で約1〜2ヶ月
オリコローン 処理する日により異なる
銀行振込 約2〜3週間
コンビニ払い 約2〜3週間
ギフトカード 3営業日以内
Apple Pay 紐づくカードに準ずる
代金引換 約2〜3週間

 

上記の赤字については、返金先の口座情報をAppleに伝えておかないといつまで経っても返金されません。

 

注意ポイント

現金での支払いの場合は、返金先口座をAppleに電話で伝える必要がある

 

Apple製品を送料無料で返品する方法・注意点まとめまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

一概に返品と言っても、どこで購入したか、支払い方法や購入した製品などによって、細かくルールが分かれているのはお分かりいただけましたでしょうか。

 

人によっては、少し不安を招く表現もあったかもしれませんが、安心いただきたいのは基本的に損傷もなく、開封して少し手に触れただけレベルで受け取ってから14日以内であれば何も気にすることなく返品は可能です。

 

電話で返品依頼をかける際に返品理由を聞かれるかと思いますが、アンケートレベルで聞かれる程度なので、正直に使わなくなったと答えて何も問題なく返品はできます。

 

悪意に満ちた返品を繰り返さない限りは、返品することで今後Appleから目をつけられることもありませんのでご安心ください。

 

もう一度整理してみましょう。

 

  基本的な返品条件

  • Appleで購入した製品
  • 製品が到着してから14日以内
  • 同梱物がすべて揃っている

 

一般的には損傷がなく、上記の条件がクリアされていれば返品できますのでご安心ください。

 

  気をつけるべき注意点

  • 付属アクセサリーの一部返品不可
  • 保護フィルムは対象外
  • ソフトウェアは未開封の場合のみ
  • ギフトパッケージ代は戻らない
  • 購入場所によって異なる
  • 支払い方法によって異なる

 

  購入場所によって異なる

  • Appleオンラインストア
  • Apple直営店
  • 量販店など

 

  支払い方法によって異なる

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • オリコローン
  • Apple Storeギフトカード
  • 銀行振込・コンビニ・代金引換

 

  返品方法

  • ヤマト営業所
  • ヤマト営業所以外
  • 直営店

 

こうやって書いてみると結構ありますね!

 

細かいかもしれませんが、様々なケースに対応できるようにご案内させていただきました。

 

しかし開封して使っていても、無料で返品できるってすごいね!
まさに神対応だね!

 

今回は以上となります。
本記事があなたの参考になれば幸いです。

 

少しでもこの記事を読んで参考になりましたら「ブックマーク登録」、「SNSでシェア」をしていただけると嬉しいです。

 

おすすめ記事

Appleや国も認める買取業者をご紹介【国家機密レベルのセキュリティ】

続きを見る

あわせて読みたい

【完全保存版】Apple Trade In の流れを徹底解説(iPhone下取り)

続きを見る

-Apple
-

error: Content is protected !!

© 2021 いまから Powered by AFFINGER5