Apple

Apple Trade In のやり方は全部で3通り【すべて仕組みが違う】

2020年8月25日

 

Apple製品を下取りに出そうか検討してるけど、どうやればいいかわからないから教えてほしい。
オンラインか直営店、下取りに出して購入するか、もしくは買取だけかによっても変わってくるよ!

 

Apple公式の下取り・買取プログラムである「Apple Trade In」の手続きは全部で3通りあり、いずれも仕組みがまったく異なります。

 

それぞれ管轄する窓口が異なる上に、現金で還元されるものもあれば、ギフトカードで還元されるものもあります。

 

  本記事の対象

  • 下取り・買取をどこで出したらいいかわからない
    .
  • 仕組みがどう違うのか知りたい
    .
  • どれが自分に合ってるか知りたい

 

本記事を読むと、アップルで行われる下取り・買取プログラムの種類、それぞれの特徴の違いを知ることができます。

 

Appleでの注文は楽天リーベイツを経由するだけでお得になります!もちろん下取りありの注文も対象です。普通に注文するのは損ですよー!

 

  Apple公式ストアで買う方

割引のないApple公式ストアでもお得に買える(対象外製品もあるので注意)

知ってる人はみんな使ってる楽天リーベイツ!

【必勝法】割引のないAppleストアでもお得に注文する方法【楽天リーベイツ】

続きを見る

 

  最新iPhoneをお得に買いたい方

Apple公式のストアで買うのと、ほぼ同条件で最大2万円もお得に買える

楽天モバイルでSIMフリーの最新iPhoneを最大2万円もお得に買う方法をご案内します。のりかえも不要でApple公式の保証もつけられます!

【激安】SIMフリーの最新iPhoneを2万円もお得に買う方法【実質3万円台〜】

続きを見る

 

  記事の信頼性

私自身、Trade-inでうまく手続きが進まずキャンセル経験があり、悔しかったので徹底的に分析・調査しました。

 

あなたに合った下取り・買取がApple Trade Inでできるように、それぞれの違いを比較しながらご案内していきます。

 

さっそく行くよー!

 

Apple Trade In下取り・買取方法は全部で3通り

 

3種類のApple Trade In

  1. オンライン(下取り)
  2. オンライン(買取)
  3. Apple直営店

 

Apple直営店では、買取のみも購入と同時の下取りの場合も、実質やり方や流れは同じため、ここでは統一します。

 

下取りと買取の違い

本記事では下記のニュアンスの違いで下取り・買取と表現します。

  • 下取り … 製品購入が前提
  • 買取 … 製品購入に関係ない

 

Apple Trade In 特徴の違い

下取り 買取 直営店
強み 高額 時期不問 簡単
窓口 Apple BrightStar
(委託業者)
ストア
返金方法 現金 GiftCard GiftCard
期限 ×
製品購入 必須 不要 不要
査定額
スピード ×
自宅完結 ×
配送業者 ヤマト 佐川急便 -
必要書類 2点 1点 1点
回収方法 集荷 キット その場
事前梱包 不要 必要 不要
手続き 複雑 普通 簡単

 

同じApple Trade Inって名前でも全然違うんだね!
そうだね!どれが自分に一番合うかを探してみよう!

 

人によって目的や用途が異なるため、最適な下取り・買取方法が変わります。

  • 現金で還元してほしい
  • 金額よりも早さ重視
  • 新しい製品を安く買いたい
  • すべて自宅で完結させたい
  • 簡単に手続きしたい

 

私の独断と偏見にて、それぞれの下取り・買取の特徴を5つの観点でご紹介します。

  • お得感:何で還元されるか
  • 速度感:手続き完了までの早さ
  • 利便性:立地面や環境の便利さ
  • 自由度:好きな時に下取り可能か
  • 簡単さ:手続きが簡単か

 

それでは早速比較してみましょう!

 

Apple Trade In のやり方は3通り下取り・買取の対象製品

.

下取りの対象製品は、購入する製品の対象と下取りに出す製品の対象が異なるため、下記に両方記載します。

 

購入する製品の対象と下取りに出す製品の対象が違うって、どういうこと?
いまから説明していくね!

 

購入と同時下取りの場合購入する製品の対象

現在オンラインストアで販売している製品が購入対象となります。

  • iPhone 
  • iPad
  • Mac
    MacBook Air、MacBook Pro、iMac、iMac Pro、Mac Pro、Mac mini
  • Apple Watch

 

以上が対象となり、たとえばAirPodsなど対象外の製品を購入するときは同時に下取りに出すことはできません。

 

注意ポイント

整備済製品は対象外

 

整備済製品とは、簡単に言うと「新古品」です。店頭での展示製品やメーカーに返品された製品を、再度整備して正規品と同等の品質で販売する製品を指す。

 

下取り・買取に出す製品の対象

製品や型番、年代によって異なる

 

シリアル番号をコピーした状態、もしくは確認できる状態で、下記ボタンから入ると下取りの対象製品か調べられます。

下取り対象製品か確認する

 

他社製品のほとんどは下取り対象にはならず、リサイクル対象になるケースが多い。

 

iPhone、iPod、Apple Watchのリサイクルは直営店でも出すことが可能ですが、他の製品はオンラインのみ可能となります。

 

下取り対象にならないものはリサイクル対象となります。リサイクルを希望する場合は下記のボタンをタッチすると窓口ページに飛びます。

 

  Apple公認リサイクル窓口

パソコン無料回収とありますが、iPadも無料回収対象製品ですので、パソコン1台としてカウントして大丈夫です。

Mac、iPadはコチラ

上記以外のApple製品はコチラ

 

注意ポイント

古すぎる製品、カスタマイズ製品、最新モデルは対象外となる場合があります。

 

Apple Trade In のやり方は3通り① オンライン(下取り)

 

  オンライン(下取り)特徴

項目 下取り
強み 高額
窓口 Apple
返金方法 現金
期限 ×
製品購入 必須
査定額
スピード ×
自宅完結
配送業者 ヤマト
回収方法 集荷
事前梱包 不要
手続き 複雑

 

  オンライン(下取り)評価

総合点 ★★★★
お得感 ★★★★
速度感 ★★
利便性 ★★★★★
自由度 ★★★★
簡単さ ★★★

 

オンライン(下取り)のやり方総合点:★★★★

メリット

  • 現金で換金される
  • 購入製品にそのまま充当できる
  • iMacや一部他社製品も下取り可能
    (整備済製品やiPhone購入時を除く)

デメリット

  • 条件や手続きが少し複雑
  • 換金まで時間がかかる
  • 本人確認書類が2点必要

 

オンライン(下取り)のやり方お得感:★★★★

・ 現金で還元
・ 査定額が高く出やすい

 

Apple Trade Inの中で唯一、現金で還元されるので下取り額が購入金額から割引されるような仕組みが最大の特徴。

 

正確に言うと、購入金額から下取り額を引いた額が請求されるわけではなく、一旦購入全額分の請求がかかり、後日下取り額が返金される。

 

また、オンラインの場合、iMacや一部他社製品も下取り可能な上に、時期にもよるが、比較的買取のみより査定額が高く出やすい。

 

注意ポイント

支払い時にギフトカードが使用されている場合は、ギフトカードから優先して返金されます

 

オンライン(下取り)のやり方速度感:★★

購入した製品が発送されないと下取りは進められない

 

下取り自体は購入申込から完了まで、順調に行けば2〜3週間程度で終わるが、返金までとなると1ヶ月程度はかかる。

 

下取りの申し込みは製品の出荷時に送られてくる下取り開始メールから行う必要があるため、購入した製品の納期が長い場合はその分、下取り開始時期も遅くなります。

 

カード会社や納期によっては、購入手続きから返金が完了するまで1〜2ヶ月程度かかる場合もあるようです。

 

オンライン(下取り)のやり方利便性:★★

全国どこからでも24時間受付可能

 

申込から返金まで全て自宅で完結できる。

 

下取り額が1万円以上の場合、集荷先は本人確認書類(指定あり)に記載された住所に限る。

 

オンライン(下取り)のやり方自由度:★★★

商品購入と同時申込が条件で、支払い方法に制限あり

 

申し込みは日本全国可能だが、下取り額が1万円以上の場合は本人確認が入るため、下取りデバイス集荷先の住所は免許証等(指定あり)に記載がある住所のみしか指定ができない。

 

オンライン(下取り)のやり方簡単さ:★★★

正しい入力をしないと下取りが進まなくなる

 

例えば、下取り開始メールから14日以内に正しい入力や集荷手配をしなかったり、下取り製品を送った後に査定額が変わった場合、14日以内に承認か拒否の意思表示をしないと同じく自動でキャンセルされます。

 

また、配送先を自宅以外の勤務先や帰省先などに設定したり、別の方の名前を請求先情報に入力して注文した場合、下取り続行不可となる。

 

どんな人におすすめなの?
買いたい製品があって、少しでも安く買いたい人は下取りがオススメだね!

 

詳細は下記の記事でご紹介いたします。

【完全保存版】Apple Trade In の流れを徹底解説(iPhone下取り)

続きを見る

 

Apple Trade In のやり方は3通り② オンライン(買取)

 

  オンライン(買取)特徴

買取
強み 時期不問
窓口 BrightStar
(委託業者)
返金方法 ギフトカード
期限
製品購入 不要
査定額
スピード
自宅完結
配送業者 佐川急便
回収方法 キット
事前梱包 必要
手続き 普通

 

  オンライン(買取)評価

総合点 ★★★☆
お得感 ★★
速度感 ★★★★
利便性 ★★★★★
自由度 ★★★★
簡単さ ★★★★

 

オンライン(買取)のやり方総合点:★★★☆

メリット

  • 比較的手続きが早い
  • 購入しなくても買取ができる
  • 買取製品に縛りがない

デメリット

  • 査定額が安い
  • ギフトカードでの還元
  • 絶対的な強いメリットがない

 

オンライン(買取)のやり方お得感:★★

・ 査定額が低い
・ ギフトカードがメールで還元

 

下取りと比べて査定額が低くなりやすい上に、還元は現金ではなく、Apple Store ギフトカード(以後:ギフトカード)となる。

 

Apple Store ギフトカードは、オンラインストアもしくはApple直営ストアにて、iPhoneやiPadなどの製品購入に利用が可能。

 

コンビニなどで販売しているApp Store & iTunesギフトカードとは異なるので注意。

 

App Store & iTunesギフトカードは、音楽やアプリなどデジタルコンテンツの購入に使用が可能であり、製品購入には使えません。

 

オンライン(買取)のやり方速度感:★★★★

購入手続きがない分、比較的早い

 

申し込みから買取額の還元まで、順調に行けば1〜2週間程度で終了する。

 

ギフトカードがメールで送られるので、現金よりも還元されるのが早い。

 

オンライン(買取)のやり方利便性:★★★★

全国どこからでも24時間受付可能

 

iMacや他社製品なども含めて、買取に出す製品に縛りがない。

 

申し込みからギフトカードメール受信まで全て自宅で完結できる。

 

オンライン(買取)のやり方自由度:★★★

購入しなくても買取は可能だが、キットが届くまで自宅で待つ必要がある

 

下取りの場合は集荷で配達員が来たときに下取りデバイスを渡すだけですが、買取のみの場合はキットを受け取って、自身で発送手続きをする必要があります。

 

キット受取の時間指定ができないため、不在の場合は不在票で再配達対応となる。
※ 不在票は時間帯の指定が可能

 

オンライン(買取)のやり方簡単さ:★★★

買取のみの申し込みなので、購入と同時よりも操作はシンプル

 

下取りに比べると、本人確認書類も1種類のみで、購入手続きがない分、操作は簡単。

 

詳細は下記の記事でご紹介いたします。

Apple Trade-in(オンライン買取)の申し込み方法・流れ

続きを見る

 

Apple Trade In のやり方は3通り③ Apple直営店

 

  Apple直営店 特徴

直営店
強み 簡単
窓口 ストア
返金方法 ギフトカード
期限
製品購入 不要
査定額
スピード
自宅完結 ×
配送業者 -
回収方法 その場
事前梱包 不要
手続き 簡単

 

  Apple直営店 評価

総合点 ★★★☆
お得感 ★★★
速度感 ★★★★★
利便性 ★★
自由度 ★★★★★
簡単さ ★★★★★

 

Apple直営店のやり方総合点:★★★☆

メリット

  • 圧倒的な早さ
  • 事前予約なしで持ち込み可能
  • 店員さんが教えてくれるので安心

デメリット

  • 直営店が近くにないと行けない
  • 営業時間が限られている
  • iMacや他社製品は対象外

 

Apple直営店のやり方お得感:★★

目立たない傷であれば、きれいな製品と同様の条件内の満額がつきやすい

 

現金ではなく、ギフトカードでの還元。

 

Apple直営店のやり方速度感:★★★★

事前の予約なしで、営業時間内であれば、いつでも持ち込み可能

 

待ち時間はあるかもしれないが、実際下取りが始まれば10分程度で完了する。ここが直営店の最大の強み。

 

Apple直営店のやり方利便性:★★

全国で10箇所しか直営店がないため、遠い人は恩恵を受けられない

 

営業時間に限りがあるため、オンラインと比較すると時間に融通が利かない。

 

iMacやWindowsのパソコンはオンラインからのみ可能で、実店舗では受付不可。

 

例えば、iPhoneを下取りに出して、新しいiPhoneをその場で購入する場合、事前にバックアップをとっておかないとiPhone2台を並べてのデータ移行ができないため注意が必要。

 

Apple直営店のやり方自由度:★★★★

事前に来店予約を取る必要がない

 

自分の好きなタイミングで買取に出せるのが魅力的。製品の購入をしなくても買取可能。

 

Apple直営店のやり方
簡単さ:★★★★

ストアの店員に下取り製品を渡すだけで煩わしい操作などはない

 

やり方が分からなくても、店員さんが案内してくれるので安心。

 

  直営店持ち込みの流れ

  1. 直営店に行く
  2. スタッフに声をかける
  3. 下取りデバイスの査定
    > 5分〜10分程度で終わる
  4. ギフトカードをもらう

 

詳細は下記の記事でご紹介いたします。

Apple Trade-in(直営店・下取り買取)の申し込み方法・流れ

続きを見る

 

Apple Trade In のやり方は3通りまとめ

 

3通りのApple Trade Inの特徴をご案内しましたが、もう一度おさらいしてみましょう!

 

Apple Trade In 特徴の違い

下取り 買取 直営店
強み 高額 時期不問 簡単
窓口 Apple BrightStar
(委託業者)
ストア
返金方法 現金 GiftCard GiftCard
期限 ×
製品購入 必須 不要 不要
査定額
スピード ×
自宅完結 ×
配送業者 ヤマト 佐川急便 -
必要書類 2点 1点 1点
回収方法 集荷 キット その場
事前梱包 不要 必要 不要
手続き 複雑 普通 簡単

 

こんな方におすすめ

  オンライン(下取り)

買いたいものが決まっていて、少しでも安く買いたい方

 

総合点 ★★★★
お得感 ★★★★
速度感 ★★
利便性 ★★★★★
自由度 ★★★★
簡単さ ★★★

 

最大の利点は換金が現金なところ。

 

購入製品にそのまま下取り査定額を充てて、安く購入することができるのも魅力です。

 

  オンライン(買取)

時間や場所に縛られたくない方

 

総合点 ★★★☆
お得感 ★★
速度感 ★★★★
利便性 ★★★★★
自由度 ★★★★
簡単さ ★★★★

 

最大の利点は、好きな時にいつでもどこでも申し込みができるところ。

 

購入しなくても買取が可能なので、気が向いた時にいつでも買取ができるのがいいですね。

 

  Apple直営店

下取りの手続きが不安な方

 

総合点 ★★★☆
お得感 ★★★
速度感 ★★★★★
利便性 ★★
自由度 ★★★★★
簡単さ ★★★★★

 

最大の利点は簡単かつ、圧倒的な早さ。

 

店頭にはスタッフがいるので、わからないことはすぐに聞けるので、とても安心です。

 

以上が3種類のApple Trade Inの特徴です。

 

今回の評価はApple Trade Inの3種類の中で私の独断と偏見で比較したものであり、他社の買取と比較したわけではありません。

 

正直なところ、買取価格については他社の方が高くつき場合もあります。

 

返金までの期間や手続きの簡単さもAppleより早かったり、簡単なところがほとんどです。

 

  おすすめ他社買取 評価

総合点 ★★★★☆
お得感 ★★★★★
速度感 ★★★★
利便性 ★★★★★
自由度 ★★★★★
簡単さ ★★★★

 

以下の記事では、Apple並みにセキュリティを持ちつつ、高価買取をしてくれる業者をご紹介しております。ぜひあわせて読んでいただけると嬉しいです。

Appleや国も認める買取業者をご紹介【国家機密レベルのセキュリティ】

続きを見る

 

今回は以上となります。
本記事があなたの参考になれば幸いです。
また別の記事でもお待ちしています!

 

おすすめ記事

楽天モバイルを賢く使う方法10選【キャリアのりかえ不要で有効活用できる】

続きを見る

あわせて読みたい

【完全保存版】Apple Trade In の流れを徹底解説(iPhone下取り)

続きを見る

 

少しでもこの記事を読んで参考になりましたら「ブックマーク登録」、「SNSでシェア」をしていただけると嬉しいです。

-Apple
-

error: Content is protected !!

© 2021 いまから Powered by AFFINGER5