Apple

Appleの下取りで集荷が勝手にキャンセルされた理由と対処法

2020年11月12日

 

下取りの集荷予約をしてたのに勝手にキャンセルされたんだけどなんで?そしてどうすればいい?
そうなんだね…では今回も対処方法を案内するね!

 

Appleオンラインストアで製品(iPhoneなど)を購入した時に下取りを申し込んで、集荷の予約を取ったのに、こんなメールが来て勝手にキャンセルされたのはなんで?と思いませんか?

 

 

明日集荷に伺いますってメールが来たと思ったら、夜中に集荷がキャンセルされましたってメールが届いて、どうすればいいの!ぷんぷん!ってイライラしてませんか?(^_^;)

 

集荷がキャンセルされた場合は残念ながら再度手続きが必要になりますが、下取り自体はキャンセルされていませんので続行は可能です。

 

本記事は、以下の方を対象にしています。

  • 購入と同時に下取りを申し込んだ
  • 下取り額が1万円以上
  • 集荷が勝手にキャンセルされた

 

本記事を読むと、なぜ下取りの集荷が勝手にキャンセルされたのか、その後の対応方法を知ることができます。

 

下取り額が1万円以上でないと集荷がキャンセルされることはないので、1万円未満の方は対象ではありません。

 

それではさっそく行きましょう!

 

Apple Trade-inなぜ集荷がキャンセルされた?

 

集荷が勝手にキャンセルされる理由

Appleの本人確認が集荷前までに完了できていないため

 

下取り額が1万円以上の場合、指定のフォーマットから身分証明書2点をアップロードする形で、Appleによる本人確認が入ります。

 

新製品が立て続けに発表されている今、膨大な注文が入っていてAppleによる本人確認の処理が追いついていないのが現状のようです。

 

そのため、集荷前日になっても提出した身分証明書の確認ができていないと、下取りの集荷が勝手にキャンセルされる事象が出ています。

 

明日集荷に伺いますってメールが来たと思ったら、その後に集荷がキャンセルされましたって、どっちやねん…
めっちゃ、ツンデレやんw でもそれは他でも結構あるあるみたいだよ。

 

明日集荷に伺いますというメールが飛んだ時点で、本人確認が完了できていない場合は自動でキャンセルされる仕組みのようです。

 

じゃあ、どうやって対応すればいいの?
まず現状を把握する必要があるよ。それによって対応が変わるからね。

 

集荷に来るまでの仕組み

下取りプロセス開始メールが届いて、下記2つの作業をしたと思います。

 

  • 本人確認書類のアップロード
  • 集荷日時の予約

 

Appleでは身分証明書の確認と集荷日時の予約を並行して実施しています。

 

ここで疑問に思いませんか?本人確認が済んでないのになぜ集荷の予約ができるんだろうと?

 

答えはここで予約する集荷日はあくまで仮であって、予約日が来る前に本人確認が終われば、集荷に行く手配をとりますが、終わらなかった場合は集荷に行くことはないからです。

 

今回は後者が原因で、集荷がキャンセルされたことが考えられます。

 

注意ポイント

予約日はあくまで仮予約。本人確認が承認されないと集荷には来ない。

 

本人確認が済んでから集荷日時を選べるようにすればいいのにね?
そうだね。そうすると手続きの手間が増えるから1回にしてるのかな?知らんけどw

 

伝わりますかね?ちょっと分かりづらいと思うので、集荷がキャンセルされたメールを受信した状況を寸劇で表現すると、こんな感じです。

 

左があなた、右がAppleとして例えます。

 

よしっ!本人確認書類アップロード完了!あとは集荷を待つだけだな♪
明日集荷に伺いますメールを送信しました。
(集荷前日)おっ!明日集荷に来るって案内メールが届いた!すぐ渡せるように準備しておこうっと♪
(数分後)集荷キャンセルのメールを送信しました。
え?どっちやねん!さっき明日集荷に伺うってメール来たやーん!しかもこんな夜中に送ってきやがって!きーっ!
ちゃうねん。身分証の不備がどうこうの前に、注文が殺到しすぎてて、そもそもまだ君の身分証すら確認できてないから明日の集荷はとりあえずキャンセルでー!
なにそれー!じゃあ、どうしろって言うのよー?
とりあえず本人確認が終わったら教えるからそれまで待っててー!よろしくー!

 

かなりポップに表現していますが、実際のAppleは真摯に対応してくれますので、あしからずw

 

おそらく1日あたり数千、数万のオーダーが入ってる中、本人確認が間に合わないケースというのもあるのかもしれませんが、予約した日にちゃんと来てもらいたいものですよね(^_^;)

 

まぁ、そう言ってても始まらないので、今回は状況に応じた対処方法をご案内します。

 

Appleの下取りで集荷が勝手にキャンセルされた?まず現状を確認する

 

集荷にキャンセルされた時の状態によって、対応が変わりますので、まず現状を確認しましょう。

 

確認するためには、まず下取りの詳細入力画面に入る必要があり、方法は2つあります。

 

  1. 下取りプロセス開始メールから確認
  2. Appleの注文履歴から確認

 

① 下取りプロセス開始メールから確認

 

こちらは最初に本人確認書類や集荷の日程を予約したのと同じように、下取りプロセス開始メールの青いボタンから入る方法です。

 

前にやった方法とまったく同じでいいんだね!
そうだよ!もしくは次に説明する注文履歴から確認方法のどちらかだね!

 

② Appleの注文履歴から確認

 

こちらはAppleの注文履歴からサインインして確認する方法です。

上記のようにサインインされているApple IDが一致しないと出た場合は、一度サインアウトしてから注文番号で検索しましょう。

 

 

注文番号はWから始まる番号で、メールアドレスは注文時に入力したメールアドレス(Appleからの今回の注文メールが届いているアドレス)を入力してから、サインインをする必要があります。

 

サインインしたら、下記のように「下取りプログラムのパートナーのウェブサイトに進む」という表示が出てくるので押します。(文言やデザインは状況や使ってるデバイスによって異なる可能性があります)

 

 

下取りの詳細入力画面への入り方はわかったかな?
上の2つのどっちかで入ればいいんでしょ?了解ー!

 

Appleの下取りで集荷が勝手にキャンセルされた?集荷に来てもらう対処法

 

先ほどの方法で下取りの詳細画面に入った時の画面によって、対応の仕方が変わります。

 

① 本人確認の承認待ち

  • 本人確認完了メールを待って予約
  • 結果を待つ前に集荷予約する

 

対応は上記のどちらでも大丈夫です。

 

まだ本人確認が完了していない場合は、本人確認書類の再アップロードはできず、集荷日時の予約画面しか出ません。

 

 

このように生年月日や本人確認書類を添付する画面が出ずに、集荷日時の予約画面が出ている場合、本人確認の完了を待つ必要があります。

 

本人確認の完了結果を待たなくても、改めて予約を取ることもできます。ただ、本人確認が通らなかった場合は下記のようなメールが届き、改めて手続きが必要になります。

 

 

上記のメールが来た場合は、この後にご案内する②の最初からやり直しとなります。

 

集荷日時の予約を取らずに本人確認の承認を待っていると、下記のようなメールが届きます。

 

 

注意ポイント

すでに集荷予約日を設定している状態だと、このメールは届かない

 

このメールが届いたということは本人確認が承認されたので、あとは集荷の予約をとるだけです。

 

下取りプロセス開始メールが届いてから14日以内に集荷に来てもらわないとキャンセルされるので、なるべく早く集荷の依頼をかけましょう。

 

ただ、本人確認完了メールが来る前に予約をすると、本人確認が通らなかった場合はメールが来ますが、完了したというメールは届きません。

 

え?結論、結果を待つのと、待つ前に集荷の予約を入れるのは、どっちがいいの?
ぶっちゃけ、本人確認さえ承認されればどっちでも問題ないよ。予約し忘れそうなら予約していいし、本人確認が通ったのを確認してから予約したければそれでもいいよ。

 

ただ、下取り開始メールから14日の期限間際の場合は、集荷予約が遅れると下取りできなくなる可能性があるので、念のため予約をいれておくことをおすすめします。

 

どっちも集荷前に本人確認が通れば集荷に行き、通らなければ集荷には行かない。

※ 下取り開始メール受信後14日以内に限る

 

② 最初からやり直し

身分証と配送先情報が一致しているかを確認した上で、再度手続きが必要になる

 

仮に下記のように、生年月日や本人確認書類を入力する画面になった場合は、本人確認が通らなかったことを意味します。

 

 

この場合、下記2つの手続きが必要になります。

  • 身分証明書の再アップロード
  • 集荷予約日時の再設定

 

何かしらの理由で本人確認が通らなかったので、次は本人確認が通るように必ずポイントを確認してから手続きしましょう!

 

  本人確認のポイント

Apple Trade In 最大の落とし穴とは⁉︎【本人確認に隠された3つのワナ】

続きを見る

 

いつまでに手続きすればいいとか期限はあるの?
下取りプロセス開始メールが届いた日から14日以内に本人確認を通して集荷に来てもらう必要があるよ!

 

  集荷手続きのやり方

Apple Trade-in 身分証明書がアップロードできないエラーの対処方法

続きを見る

 

Appleの下取りで集荷が勝手にキャンセルされた?下取りのキャンセル期限

下取りの期限はいつまで?

基本は下取りプロセス開始メール受信日から14日以内

 

たしかに下取りプロセス開始メールには14日以内って書いてあるけど、予約を取る画面にはもっと先が期限になってるよ?どっちが正解なの?

 

たしかにここはややこしいから、これから詳しく説明するね!

 

下取りプロセス開始メールには14日以内に集荷に来ないとキャンセルされるって書いてありますが、集荷予約を入れる画面には12月27日までに予約を入れて、1月1日までに集荷するようにと案内があるので見比べてみましょう。

 

  下取りプロセス開始メール

 

このメールが届いたのは12月11日なので、14日以内となると12月25日までとなります。

 

  集荷予約ページ

 

それぞれの案内をまとめるとこうなります。

  • 下取り開始メール
    ・14日以内に集荷
    (12/25まで)
    .
  • 集荷予約画面
    ・12/27までに予約
    ・1/1までに集荷

 

え?結局いつが締切日なの?
そう思うよねー。

 

結論、基本的には下取り開始メールが受信してから14日以内に自動でキャンセルされます。

 

ただ、下取り開始メールから14日以内に本人確認が承認されていれば、集荷予約画面に記載されている日程まで集荷は可能なようです。

 

ただ、Appleの仕組み上、下取り開始メールから14日以上経過すると自動でキャンセルされるので「下取りがキャンセルされました」というメールが届く可能性があるようですが、キャンセルされる前までに本人確認が通っていれば集荷自体は問題なく行くので、続行は可能とのこと。

 

何?何?ムズいムズいw
そうなるよね…ここは図で表して説明するね。

 

たとえば12/11に下取りプロセス開始メールを受信して、12/17に集荷予約をしてたのに前日の12/16に集荷キャンセルされたとします。まさに今のあなたの状態ということです。

 

 

このあと、12/27に集荷を予約したとして、本人確認が12/25までに承認されている状態であれば、下取り開始メールから14日以上経っていますが、27日に集荷は可能です。

 

ただし、12/25を過ぎるとシステム的にキャンセルされましたとメールは届く可能性はあるようですが、本人確認の承認済みであればキャンセルメールが来ても、12/27に集荷は問題なく来て、下取りの続行は可能とのこと。

 

ただ、残念ながら12/25までに承認が下りていない場合(審査中も含む)は、27日に予約していても集荷に行くことはなく、自動でキャンセルされて下取りの続行は不可となります。

 

つまり下取り開始メールが受信されてから14日以内に本人確認の承認と集荷予約ができていれば大丈夫ってこと?
そういうこと!理想は14日以内に集荷手配してもらうのが一番だけどね!

 

集荷予約済みの場合、承認されなかった場合はメールが入りますが、承認されたタイミングではメールが届くわけではないので、承認されているかどうかを確認することはできません。

 

本人確認ができなかったメールが届いていないということは、今のところは問題ないとしか判断ができないので、提出前に間違えていないか確認することが重要です。

 

下取り期間の延長は不可

どんな理由でも期限の延長はできない

 

くどいですが、「下取りプロセスが開始されました」メールを受信してから14日が過ぎると下取りが自動でキャンセルされますので、期限内に本人確認を進めて集荷手続きが必要になります。

 

仮にこちらに一切の不手際がなかったとしても下取り期限の延長は一切行なっておらず、期限を超えて下取りがキャンセルされた場合はいかなる理由でも続行不可となります。

 

えー!それは困るなー。
少しでもキャンセルされる可能性を減らすために手続きの注意点を確認しようね。

 

Appleの下取りで集荷が勝手にキャンセルされた?改めて手続きする際の3つの注意点

  1. 正しい情報が載っているか再確認
  2. 表裏の両方を添付する
  3. 特に保険証は注意

 

改めて手続きをして、せっかく本人確認に入っても手続きのやり方を間違えると本人確認が通らないので、念のため再確認しましょう。

 

① 正しい情報が載っているか再確認

本人確認書類と情報を一致させるのは、請求先情報ではなく、配送先情報です。

 

本人確認を通すためには、下記の3点の情報がすべて一致している必要があります。

  • 注文時の配送先情報
  • 本人確認書類①
  • 本人確認書類②

 

この記事をご覧いただいている方はすでにアップロードしている方が多いと思うので、お分かりかもしれませんが、本人確認書類は2点アップロードする必要があります。

 

アップロードした本人確認書類2点と注文時に入力した配送先情報がすべて一致していないと本人確認は通りません。

 

  一致させる必要がある情報

  • 名前(漢字名義)
  • 住所

 

日本人の場合は名前は免許証などの本人確認書類と同様に漢字表記でないと一致しませんので、注文時にアルファベットやカタカナ表記の場合は本人確認が通りません。

 

逆に注文時には漢字で名前を登録したけど、公共料金の領収証に記載されている名前がカタカナ表記だと不一致と判断されます。

 

漢字以外のカタカナとかアルファベット表記でもダメなんだね?
そうだね。もちろん名前がひらがなの人は名字が漢字であれば問題ないよ。

 

② 表裏両方を添付する

裏面が空欄でも添付が必須

 

住民票や公共料金の領収証は表面のみで問題ありませんが、それ以外の免許証や保険証など表裏がある書類は、たとえ裏面が空欄でもアップロードが必須になります。

 

もし裏面のアップロードが抜けていた場合は、他の情報がすべて問題なくても本人確認が通りませんので確実に添付しましょう。

 

裏面が空欄だったら、アップロードしなくても問題なさそうだけどね。
たとえば免許証の場合だと、裏面が空欄であることによって、表面の住所から変更がないことを確認するって意味でも必要だよ。

 

③ 特に保険証は注意

保険証で気をつける点は下記の2点です。

  • 旧住所は取り消し線で消す
  • 必要情報以外は隠す

 

本人確認の際に必要なのは名前と住所が一致していることです。

 

免許証などもう1点の本人確認書類に住所が記載されている場合は裏面に住所の記載は不要です。

 

裏面に旧住所が書いてある場合は取り消し線で消して、手書きで構わないので、もう一つの本人確認書類と注文時の配送先住所と完全に一致するように書きましょう。

 

 

2020年10月より「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律」の改正により、健康保険事業とこれに関連する事務以外に、被保険者記号・番号の告知を要求することを制限されるようになりました。

 

その関係で下取りをする際に保険証を身分証明書として提示する場合、上記画像の赤い箇所すべてが隠れていないと本人確認が通りませんので注意しましょう。

 

  隠す必要がある情報

  • 記号
  • 番号
  • 保険者番号
  • QRコード(該当する場合)

 

隠すには下記の方法で隠します。

  • テープなどで物理的に隠す
  • 画像加工で隠す

 

裏面に手書きで書いた住所でも公印は不要なので、必ず住所を書きましょう。仮に前の住所が書かれていても、取り消し線で消した上で新しい住所を手書きで記入すればOKです!

 

下記の3点のうち1つでもあてはまっている場合、本人確認は通りません。

 

注意ポイント

・指定の情報が隠されていない
(上記で案内した4箇所)

・上記の4箇所以外の情報が隠れている

・裏面に住所の記載がない

 

1文字でも隠し損ねてもダメ?もしくは隠さないでいいところが少しだけ隠れちゃったりとかもダメなの?
うん、ダメだね。法律で決まってることだから、そこは厳しいみたい…ペンとか適当に置いて隠す感じだと通らない可能性が高いね。

 

他にも本人確認を通す際の注意点は多くあるので、詳細は下記の記事で紹介しています。

Apple Trade In 最大の落とし穴とは⁉︎【本人確認に隠された3つのワナ】

続きを見る

 

Apple Trade-in下取り自体がキャンセルされた場合

7つの下取り代替案

  1. キャンセル返品後に再注文
  2. オンライン買取のみで対応
  3. Apple直営店に持ち込み
  4. キャリアで買取
  5. 買取業者で買取
  6. メルカリなどで個人売買
  7. 予備機としてストック

 

Appleで下取りがキャンセルになって続行できなくなった場合の代替案は結構あります。

 

具体的にどういう時に下取りがキャンセルとなるのか、代替え案の詳細を知りたい方は下記の記事で詳しくご案内いたします。

Apple Trade-in 勝手に下取りがキャンセルされた7つの理由と代替案

続きを見る

 

Appleの下取りで集荷が勝手にキャンセルされた?まとめ

 

集荷がキャンセルになっても対応できるように、今回のポイントをまとめましょう。

 

  集荷が勝手にキャンセルされる理由

Appleの本人確認が集荷前までに完了できていないため

 

  集荷に来てもらう対処法

結論からお伝えすると、もう一度下記の手続きが必要になります。

  • 本人確認完了メールを待って予約
  • 結果を待つ前に集荷予約する

 

  改めて手続きする際の3つの注意点

  1. 正しい情報が載っているか再確認
  2. 表裏の両方を添付する
  3. 特に保険証は注意

 

  下取り自体がキャンセルされた場合

下取りの代替案

  1. キャンセル返品後に再注文
  2. オンライン買取のみで対応
  3. Apple直営店に持ち込み
  4. キャリアで買取
  5. 買取業者で買取
  6. メルカリなどで個人売買
  7. 予備機としてストック

 

下取りの集荷予約を入れていると、本人確認に問題があった場合はメールで案内がありますが、承認されたタイミングでメールが送られてくるわけではないので、集荷に来るまで承認されているか気づきません。

 

トラブルを回避するコツ

身分証をアップロードする前に、情報がすべて一致しているかを確認する

 

代替え案に頼ることなく、下取りを進められるように確認しておこうっと。
そうだね!備えあれば憂いなしって言うからね。

 

今回は以上となります。
本記事があなたの参考になれば幸いです。

 

少しでもこの記事を読んで参考になりましたら「ブックマーク登録」、「SNSでシェア」をしていただけると嬉しいです。

 

おすすめ記事

【完全保存版】Apple Trade In の流れを徹底解説(iPhone下取り)

続きを見る

あわせて読みたい

Apple Trade-in 身分証明書がアップロードできないエラーの対処方法

続きを見る

 

-Apple
-

error: Content is protected !!

© 2021 いまから Powered by AFFINGER5