格安SIM

LINEモバイル最大の強みは主要のSNSが使い放題【安くてコスパ最強】

2020年12月9日

LINEモバイルといえば、本田翼ちゃんのCMだよねー!最近よく見るけど、どうなん?
LINEモバイルはSNSを無制限にしたいけど、安く済ませたい人におすすめだよ!

 

今回の記事は下記の方が対象です。

 

   本記事の対象

  • LINEモバイルの特徴を知りたい
  • できるだけ安くスマホを使いたい
  • SNSは無制限にしたい

 

本記事を読むと、LINEモバイルの強みや、LINEモバイルの人気の秘密を知ることができます。

 

LINEモバイルに変更するだけで、月々のスマホ代を今までよりも安くできる上に、SNSでデータ量を気にすることなく無制限にスマホを使うことができるようになります。

 

さっそく行くよー!

 

LINEモバイル最大の強みはSNSデータフリー

対象のSNSが無制限で使える

 

データフリーって何?
対象のSNSが無制限に使えるサービスを指すよ!

 

LINEモバイルは以前まで無料でSNSデータフリーで使えていましたが、元々の月額料金に含まれていましたが、新プランになってからは月額料金を抑えてオプション制となりました。

 

そのため、自分が使うSNSに合わせてデータフリーのオプションを選べるようになりました。

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

選べるデータフリーオプション

月額料金
(税抜)
データフリー対象
LINE
データフリー
0円 LINEのみ
SNS
データフリー
+280円 LINE
Twitter
Facebook
SNS音楽
データフリー
+480円 LINE
LINE MUSIC
Twitter
Facebook
Instagram

 

上記の3つからプランを選ぶことができて、対象のSNSのデータ通信利用はカウントされません。(データ消費をしない)

 

また、通信速度制限がかかったとしても、対象のSNSアプリには制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。

 

無料のプランでもLINEは常にデータフリーとなり、使い放題となります。

 

自分が使うSNSに合わせてプランを選べるのはいいね!
LINEやTwitterは普段よく使うけど、Instagramはやらないって人もいるもんね!

 

YouTubeは対象ではないので、SNSよりも動画をよく見る方はYouTubeのデータフリーを提供しているBIGLOBEモバイルがおすすめです。

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

テザリングも無料でSNS無制限

テザリングでも変わらずデータフリー

 

大手キャリアでは有料で提供されていたり、格安SIMでは無料でも提供可能な端末に限りがあったりするケースが多いですが、LINEモバイルでは、iPhoneなど多くの端末に対応している上に無料で使えます。

 

自分のデバイスに対応しているかは動作確認済みの端末検索で確認してみましょう。

 

先ほどの選べるデータフリーはテザリングの時も同様に発揮します。しかも同じく無料で!

 

じゃあ、たとえばSNSデータフリーの場合、iPadでテザリングしてる時はTwitterも使い放題なの?
そうだよ!テザリングって結構データ量使うイメージで敬遠しがちだけど無制限だったら安心して使えるよね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

シンプルに安くてコスパ最強

LINEモバイルは全体的に価格が安いですが、音声通話SIMの3GB以下では私がおすすめするSIMの中で最安値となっています。

 

  音声通話SIM(3GB以下)

格安SIM
(音声通話)

1GB
(最小)

3GB

LINEモバイル

1,100円

1,480円

UQモバイル

1,980円

ワイモバイル

2,680円

楽天モバイル

mineo

1,310円~
1,750円
(500MB)

1,510円~
1,950円

OCNモバイル
ONE

1,180円

1,480円

IIJmio

1,180円

1,600円

BIGLOBE
モバイル

1,400円

1,600円

イオンモバイル

 

1,100円
(500MB)

(1,280円)
※60歳以上

LIBMO

1,180円
(200kbps)

1,580円

※ 赤字が最安値

 

データ量の消費は主にSNSという方であれば、上記の価格にプラスしてデータフリーのオプションを数百円上乗せするだけで事足りるので、とてもリーズナブルな価格設定。

 

データ消費量が大きいTwitterやInstagramをこの安価で使い放題は魅力的ですね!

 

SNSのヘビーユーザーはデータフリーをフル活用できるので、もはやコスパ最強のサービスと言っても過言ではないと思います。

 

価格を重視するなら、LINEモバイルは間違いなく選択肢から外せないね!
SNSを頻繁に利用する人だったら、なおさらだね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル子供を持つ親御さんにやさしい

 

契約者と利用者を分けて設定可能

請求が発生する権限は契約者のみで安心

 

LINEモバイルでは、契約者と利用者を分けて設定することできるので、子供に持たせるスマホを契約する際には便利です。

 

プランの変更やデータ量の追加購入など請求が発生する手続きは契約者しかできないため、利用者が勝手に手続きすることがないので安心です。

 

利用者ができるのは、データ残量の確認とお友だちへのデータプレゼントのみです。

 

利用者は勝手にデータ量の大きいプランに変更したり、データの追加購入はできないってことね?
そうだね。知らないところで追加購入され続けたら、目も当てられないもんね!

 

注意ポイント

ゲームやアプリの課金の制限は含まない

 

ゲームやアプリの課金は対象外となるので、アプリ内の課金を防いだり、承認制にする方法はアプリ内課金を防ぐをご確認ください。

 

ゲームやアプリの課金の制限はiPhoneから設定を変えられるんだね?
そうだよ!だから月に何十万円とかの請求はかからないから安心してね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

フィルタリングサービスも無料

フィルタリングとは?

有害なサイトや情報へのアクセスをブロックして見れなくすること

 

本来は年間4,400円かかる有料の「i-フィルター」というフィルタリングサービスをLINEモバイルでは、なんと無料で使うことができます。

 

ネット被害に遭うリスクから、自分はもちろんですが、大切な家族を守れるのは安心。

 

家庭向けフィルタリングシェアNo.1で、有害サイト対策をしているご家庭の90%以上が利用しており、全国50.7%の教育委員会で採用、PTAも推奨する素晴らしいサービスです。

 

具体的にどんなことができるようになるの?
大抵のことはできるけど、まとめておくね!

 

  どんな管理ができるのか?

  • 外出先でも利用状況が分かる
    (日本特許取得)
  • Webサイトのフィルタリング
  • 位置情報の確認
  • 利用時間を制限できる
  • サイト閲覧履歴がチェックできる
  • 検索単語ランキングが確認できる
  • ボタンひとつのかんたん設定 など

 

注意ポイント

無料だがマイページから手続きが必要(最初からついているわけではない)

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

余ってるデータを分けあえる

LINEモバイルの利用者同士が条件

 

LINEモバイルを使っている家族や友達に余っているデータ通信量をプレゼントできるのもLINEモバイルの特徴。

 

しかもプレゼントはLINEアプリからできるので、日常的にLINEを使っている人であれば、気軽に無料でデータ通信量をプレゼントできます。

 

たとえば家族でLINEモバイルを使っていて、子供のデータ量が足りなくなったらプレゼントすることもできますが、いくつか注意点があります。

 

  • 利用者連携が必要
  • 翌月には繰り越せない
  • 自分が契約しているデータ量内のみ

 

通信制限がかかったときにデータ量をプレゼントしてもらえたら嬉しいね!
あげる量は制限があるけど、もらうデータ量に制限はないのも嬉しいね。

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルアフターフォローも充実

 

「いつでもヘルプ」が地味に便利

24時間体制、年中無休のサポート窓口で、LINEモバイル公式アカウントからLINEのトークを使ってお問い合わせできます。

 

  年中無休でいつでもヘルプ

  • オペレーター:10時〜19時
  • 自動AI応答:24時間

 

質問はLINEのトークでするだけなので、とても簡単な上に、スクリーンショットで画像を送って確認できるのが便利ですね!

 

画像で伝えた方が相手にも状況を伝えやすいしね!
特にイレギュラーな場合は口で説明するの難しいもんね…

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

端末保証オプションがある

中古でも加入することができる

 

AppleでもAppleCare+という保証のサービスがありますが、購入時に加入することが前提となり、最長でも購入してから1ヶ月以内でないと加入することができません。

 

LINEモバイルでは、購入時期にかかわらず、月額500円で加入することが可能

 

極端な話、中古のスマホでも条件を満たしていれば、いつでも加入できて壊れた時はもちろん修理や交換をしてくれます。

 

中古のスマホでも保証が利くのは嬉しいね。
意外と新品以外の状態で保証に入れるのってないからすごいよね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルかゆいところに手が届くサービス

 

LINEの年齢認証とID検索ができる

格安SIMの中ではLINE特有の機能

 

LINEの年齢認証とID検索ができるところが、LINEモバイルの大きな特徴です。

 

自社のサービスなので当たり前かもしれませんが、多くの格安SIMは年齢認証ができません。

 

年齢認証ができないと何か不便なことがあるの?
ID検索ができないから、離れている人と友だちになれないのが難点だね。

 

もはやインフラレベルに普及しているコミュニケーションツールであるLINEを不自由なく使えるだけでも大きなメリットではないでしょうか。

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

データを翌月末まで繰り越し可能

繰り越したデータ量は優先して使うことができるので無駄がない

 

LINEモバイルは、あまったデータ通信量を翌月末まで繰り越すことができます。

 

しかも繰り越されたデータは優先的に使われるため、来月も余って結局使えなかったということは防ぎやすくなります。

 

これは意外と重要で、元々のデータ量を使ってから繰り越し分のデータを使うところもあるのですが、LINEモバイルは繰り越し分から優先して使われるので無駄がありません。

 

繰り越し分から優先して使えるのは嬉しいね!
そうだね。繰り越されたデータが優先して使えるのは本当にありがたいサービスだよ!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

クレカがなくても契約できる

誰でも無料で作れるプリペイドカード「LINE Pay カード」で支払いが可能 

 

多くの格安SIMはクレジットカードを持っていないと契約ができないことが多く、口座振替に対応しているところは多くはありません。

 

LINE Payカードで支払う場合はチャージ先を銀行口座に設定することができるため、クレジットカードを持っていない人でも契約できます。

 

クレジットカード作るのって条件が厳しかったりするから、持ってない人でも契約できるのはいいね。
学生さんとかにも、やさしいサービスだね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

最大の強みはSNSデータフリーLINEモバイルのデメリット

 

通信速度はそこまで早くない

大手キャリアやサブブランドと比較すると通信速度は劣る

 

正直なところ、UQモバイルやYモバイルのようなサブブランドと比較すると速度は劣りますが、LINEやSNSなど日常的に使うアプリであれば十分コスパ良く利用できます。

 

LINEモバイルは下記3社から回線を選べます。

  • ドコモ回線
  • ソフトバンク回線
  • au回線

 

おすすめなのはソフトバンク回線。というのもLINEモバイルはソフトバンクの子会社なので、他のキャリア回線よりも環境は良いと評判です。

 

常に快適に使うことの方が価格よりも重視される人はLINEモバイルよりもUQモバイルやワイモバイルをおすすめしますが、安さとコスパを重視したい人にはLINEモバイルをおすすめします。

 

快適さももちろん大事だけど、コスパも大事だよね!
LINEモバイルの場合は後者を重視する人におすすめだよ!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

取り扱い店舗が少ない

基本はオンラインでのサポート

 

仮にLINEモバイル取扱店が近くにあったとしても、不具合の相談やプラン変更などはオンラインのみで可能です。

 

LINEモバイルで不具合が出た場合はオンラインか電話でのサポートのみなので、対面でのサポート体制が弱いのは否めません。

 

逆に言えば、LINEでの相談は履歴に残るので、言った言わないのトラブルを避けることができるメリットという風に捉えることもできます。

 

画像も送って質問できるんだったら、対面じゃなくても十分かもね。
人によっては店頭で並ぶより、オンラインの方が気軽でいいって感じる人もいるだろうしね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

完全なかけ放題プランがない

10分かけ放題プランのみ

 

LINEモバイルでは10分かけ放題のオプションはありますが、音声通話が時間無制限でかけ放題のプランやオプションはありません。

 

これはLINEモバイルに限った話ではなく、ほとんどの格安SIM会社にはこのような無制限のかけ放題プランはありません。

 

そこはデータフリーでLINEの無料通話を利用することで解消できます。いくら話しても、通話料が無料はもちろん、ビデオ通話(テレビ電話)でもデータ量が減らないので安心ですね。

 

ボクは電話するときLINE通話がほとんどだから、全然問題ないね!
いまは電話しないで、LINE通話しかしないって人がいるくらいだもんね!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

私も以前まで大手キャリアを使っていましたが、いまは格安SIMに変えて、出費が3分の1になったのにも関わらず、通信速度で不満に感じたことはほとんどなく、毎日快適に使っています。

 

最後にもう一度ポイントを確認しよう!

 

強み(まとめ)

  最大の強みはSNSデータフリー

  • テザリングも無料でSNS無制限
  • シンプルに安くてコスパ最強
  • 契約者と利用者を分けて設定可能
  • フィルタリングサービスも無料
  • 余ってるデータを分けあえる
  • 「いつでもヘルプ」が地味に便利
  • 端末保証オプションがある
  • LINEの年齢認証とID検索ができる
  • データを翌月末まで繰り越し可能
  • クレカがなくても契約できる

 

弱み(まとめ)

  最大の弱みは通信速度

  • 通信速度はそこまで速くない
  • 取扱店舗が少ない
  • 完全なかけ放題プランがない

 

おすすめする人、できない人

  おすすめする人

  • SNSを頻繁にする方
  • 格安でスマホを使いたい
  • 子供にスマホを持たせたい

 

  おすすめできない人

  • 通信の速さを重視したい方
  • LINEを普段使わない方
  • SNSをあまりしない方

 

総評(まとめ)

評価
料金 5.0:
LINE無制限でこの価格は破格
速度 3.0:
他の大手キャリアと比べると劣りますが、格安SIM相応の速度
容量 3.5:
SNSで大容量を使う方にはおすすめですが、大容量プランはない
機能性 4.0:
LINEでポイントを有効活用できる
満足度 4.0:
通信速度よりも価格を重視している方には満足度は高い

 

  簡潔に表現すると

学生やインフルエンサー向きの格安SIM

 

プランにもよりますが、月額2,000円以下でトップインフルエンサーが駆使するLINE、Twitter、InstagramなどのSNSが安価に無制限で使えるようになるのは大きいですね!

 

価格も他の格安SIMと比べても安価なので、学生の方でも気軽に使える上に、子供を持つ親御さんにも安心なサービスが充実してます。

 

仮に違うキャリアで家族割で入っていて、子供だけLINEモバイルに変更したとしても、価格は安くなるほどリーズナブルな価格設定です。

 

SNSもやりたいし、やっぱり価格の安さが大事だな!
それだったら、LINEモバイルはおすすめだよ!

 

最終的にあなたが納得いく格安SIMやキャリアが見つかることを願っています!

 

\SNSを無制限に使える/

LINEモバイル公式サイト

 

今回は以上となります。
本記事があなたの参考になれば幸いです。

 

少しでもこの記事を読んで参考になりましたら「ブックマーク登録」、「SNSでシェア」をしていただけると嬉しいです。

 

おすすめ記事

【最新版】人気格安SIMを厳選10社!基本プラン料金・通信速度ランキング

続きを見る

あわせて読みたい

ワイモバイル最大の強みはキャリア運営【Appleが認める唯一の格安SIM】

続きを見る

-格安SIM
-

error: Content is protected !!

© 2021 いまから Powered by AFFINGER5