Apple

【保存版】Appleで金利0%「ペイディあと払いプランApple専用」の仕組み

 

Appleで分割手数料が金利0%であと払いができる「Paidy」って、どんな仕組みなの?
気になるよねー!今回はどういう仕組みなのかを徹底的に伝えていくね!

 

結論からお伝えすると、Appleで注文する際に「クレジットカードを持っていなくても、分割手数料が無料で後払いできる」という仕組みです。

 

クレジットカードを持っていなかったり、学生や未成年、主婦など収入がない方でも登録できる(かんたんな審査あり)ので便利です!

 

以下のいずれか1つでも、あてはまる場合は本記事の対象となります。

 

  本記事の対象

  • 18歳以上の方
  • 手数料無料で分割払いしたい
  • クレジットカードを持っていない

 

本記事を読むと、Appleで注文する際に分割手数料を無料で注文できる「Paidy(ペイディ)」の仕組みを理解することができます。

 

Paidy(ペイディ)での支払いには条件があります。思ってたのと違うということがないように参考にしてもらえると嬉しいです。

 

Appleでの注文は楽天リーベイツを経由するだけでお得になります!もちろんPaidyでの注文も対象です。普通に注文するのは損ですよー!

 

  Apple公式ストアで買う方

割引のないApple公式ストアでもお得に買える(対象外製品もあるので注意)

知ってる人はみんな使ってる楽天リーベイツ!

【必勝法】割引のないAppleストアでもお得に注文する方法【楽天リーベイツ】

続きを見る

 

  iPhoneをお得に買いたい方

Apple公式のストアで買うのと、ほぼ同条件で最大2万円もお得に買える

楽天モバイルでSIMフリーの最新iPhoneを最大2万円もお得に買う方法をご案内します。のりかえも不要でApple公式の保証もつけられます!

iPhoneを安くお得に買う5つの方法【Apple公式ストアでもお得】

続きを見る

 

さっそく行くよー!

 

「ペイディあと払いプランApple専用」の仕組みPaidyとは?

 

Paidy(ペイディ)とは

クレジットカードを持っていなくても、加盟店での買い物が分割手数料無料で後払いができるサービスです。

 

今月の買い物は翌月10日、もしくは口座振替であれば翌月12日の支払いとなり、今すぐお金を用意する必要がありません。

 

クレジットカードを持っていない方や、持っていたとしても分割手数料を無料にしたい方には、とてもおすすめなサービスです。

 

Paidyの概要

世界で2,900万店が加盟する決済サービス

 

クレジットカードを持っていなくても、簡単な審査で手数料無料で分割あと払いができるPaidyは非常に多くのユーザーから好まれており、世界中でどんどん普及が進んでいます。

 

Apple以外にもAmazonを筆頭に多くのストアで使えるPaidyの概要をご案内します。

 

  Paidyの概要

概要
運営会社 株式会社Paidy
加盟店 全世界で2,900万店舗
特徴 クレジットカードなしで
分割後払いが可能
支払日 月末締め翌月10日払い
(口座振替は翌月12日)
支払方法 ・口座振替
・銀行振込
・コンビニ払い
限度額 個人によって異なる
手数料 口座振替は無料
対応アプリ ・iPhone
・Android
必要な物 ・メールアドレス
・電話番号(日本で発行)

 

Paidyの中でも2つのプランがあります。

  • ペイディ
  • ペイディプラス

※ いずれも無料

 

ここでご案内する2種類のPaidyはあくまで一般的なPaidyのプランであり、Apple専用のプランはまた別であるので後ほどご案内いたします。

 

  ペイディとペイディプラスの違い

ペイディ ペイディ
プラス
翌月一括払い ⭕️ ⭕️
3回あと払い ⭕️
利用上限額の確認 ⭕️
本人確認 認証コード 認証コード
身分証明書

 

口座振替であれば分割手数料が無料ですが、銀行振込は金融機関による振込手数料がかかり、コンビニ払いは最大で税込356円が都度かかります。

 

利用上限額は審査により個人差があり、残念ながら審査に通らない場合もあります。

 

ペイディプラスの登録は、ペイディアプリから身分証明書による本人確認をするだけで登録料や利用料など費用は一切かかりません。

 

クレジットカードを持ってなくても、手数料無料であと払いができるのは魅力だね!
世界的に人気が出るのも納得だよね!この2つのプランに加えてApple専用のプランがあるから案内するね!

 

「ペイディあと払いプランApple専用」の仕組みApple専用のペイディとは?

通常のペイディとは仕組みが異なる

 

「ペイディあと払いプランApple専用」は通常のペイディと仕組みが異なります。

 

通常のペイディプラスは3回払いのみとなりますが、Apple専用のペイディは製品によって回数が異なり、最大24回払いがクレジットカードを持っていなくても手数料無料で利用できます。

 

  Apple専用ペイディの特徴

特徴
料金 無料
使える場所 Appleオンラインストア
Apple直営店
対象 メアドと携帯電話を持つ
日本在住の18歳以上
(未成年は保護者の要同意)
支払回数 一括か最大24回
(製品により異なる)
利用限度額 ペイディプラスとは別枠
登録情報 一度登録を完了するだけで
何度でもAppleで利用可能
かかる時間 手続き開始から承認まで
5〜10分程度

 

対象は日本在住の18歳以上

携帯の電話番号とメールアドレスの他にも、身分証明書が必要

 

通常のペイディはあと払いにはできますが、分割払いができないため身分証明書が不要です。

 

Apple専用ペイディはペイディプラス同様にあと払いで分割払いが可能となり、かんたんな審査があるため、日本在住の18歳以上であることが証明できる身分証明書が必要となります。

 

プラン 支払回数 必要なもの
※1
ペイディ 翌月一括 -
ペイディプラス 3回 身分証明書
※2
Apple専用ペイディ 3〜24回
※3
身分証明書
※2

※1  携帯電話番号とメールアドレスはいずれも必要
※2  身分証明書=免許証もしくはマイナンバーカード
※3  製品によって異なる

 

  申込条件・必要なもの

  • 18歳以上であること
    (未成年は親権者の同意が必要)
  • 携帯電話番号
    (日本で発行された番号)
  • メールアドレス
  • 運転免許証 or マイナンバーカード
  • 日本に在住であること
    (日本在住でない場合、有効な日本の住所を持っていること)

 

運転免許証もマイナンバーカードも持ってない場合はどうすればいいの?
その場合は残念ながらApple専用のPaidyは使えないよ。

 

支払回数は製品によって異なる

製品によって回数は指定されている

 

Apple専用ペイディの分割回数は3〜24回ですが、3〜24回の中で好きな回数が選べるわけではなく、製品によって分割回数は指定されており、好きな回数を選ぶことはできません。

 

対象製品 分割回数
iPhone 24回
Mac 24回
iPad 3回
Apple Watch 3回
AirPods 3回
Apple TV 3回
HomePod 3回
アクセサリー 3回

 

つまりiPhoneをPaidyで分割払いをする場合は24回以外の回数を選ぶことができません。同じようにiPadであれば3回以外の回数を選べません。

 

3,000円以上の製品であれば大抵の場合はPaidy対象ですが、整備済製品は対象外です。

 

Paidyの対象外製品

  • 整備済製品
  • 3,000円未満の製品

 

Paidyの対象かどうかは注文時に下記の赤枠のように「0%手数料分割払いが出来ます。条件が適用されます。」と表記されており、月額の支払額と指定の分割回数が表示されます。

 

 

  Paidy対象

  • 指定の分割回数の記載がある
  • 条件が適用される旨の文言あり

 

  Paidy対象外

  • 分割回数の記載がなし
  • 条件が適用される旨の文言なし

 

整備済製品で分割手数料無料で買えなかったり、回数が選べないのは残念だね。
その場合はオリコローンなら整備済製品も対象だし、回数を選べる上に手数料も無料だよ!ただし3万円以上の注文であることが条件だけどね。

 

利用限度額は通常のペイディと別枠

Appleは通常のペイディで決済できないため、Apple専用のペイディ登録が必須

 

「ペイディあと払いプランApple専用」は先ほどご案内したPaidyとは別のApple専用のPaidy(ペイディ)となるので、利用可能額もそれぞれ別に設定されます。

 

Paidyアプリをインストールして「ペイディあと払いプランApple専用」を申し込み、審査が完了するとそれぞれの利用限度額が決まりますが、この金額は人によって異なります。

 

たとえばペイディプラスが20万円、Apple専用のペイディが30万円の利用額が承認された場合は下記のようになります。

 

利用可能額
ペイディプラス 20万円
Apple専用のペイディ 30万円
合計 50万円

 

AmazonなどApple以外の買い物はペイディプラスが対象で、Appleの注文はApple専用のペイディの利用可能額内でお買い物ができます。

 

Appleオンラインストアでは通常のペイディプラスでお買い物はできないため、すでに他でPaidyを使っている方でも、Apple専用のペイディあと払いプランの登録が必須です。

 

注意ポイント

AppleではApple専用のペイディでしか注文できない

 

普通のPaidyの利用額に加えて、Apple専用の利用額が設けられるのは嬉しいし、すごいことだね!
1つの企業だけの特別枠があるなんて、すごいよね!

 

登録にかかる時間は5分程度

順調にいけば、審査開始から承認まで1分もかからないくらい早い

 

Paidyで支払いを希望する場合、「Apple専用のペイディあと払いプラン」での審査が完了していないと注文が進みません。

 

まだ「Apple専用のペイディあと払いプラン」の申し込みをしていない方は、注文する前にPaidyアプリをインストールして申し込み(審査完了まで)をすることをおすすめします。

 

審査が完了してApple専用のペイディの利用限度額が決まってからAppleで注文しましょう。その理由は別の記事でご紹介します。

 

  Paidyの登録申込方法

  1. Paidyのアプリをインストールする
  2. ペイディあと払いプランApple専用を申し込む
  3. 必要事項を入力する
  4. 申込完了(=審査開始)
  5. 承認されて利用限度額が決まる

 

Paidyと同じように分割手数料が無料のオリコローンも支払い方法にありますが、ローンの場合は審査完了まで数日かかるので製品が届くまで時間がかかります。

 

ところがPaidyは申し込んでから審査完了まで順調に行けば、数分ですぐに承認されます!

 

まずPaidyのアプリをインストールして、申し込みするところから始めるのね!
そうだね!先に注文することもできるけど、アプリのインストールから始めることをおすすめするよ!

 

一度登録すれば何度でも利用可能

一度審査が通れば、次回以降の注文では審査に入らないため注文がスムーズに進む

 

Paidyと同じくオリコローンも分割手数料が無料になる支払い方法もありますが、ローンは注文のたびに審査が入るため、必然的にクレジットカードよりもお届け日が毎回遅くなります。

 

その反面、Paidyは初回の審査にさえ通れば次回以降の審査はないので、スムーズに注文が進み、順調に進めばクレジットカードと同様に最短のお届け日で届けてくれます。

 

この差は大きいね!
ローンだと2〜3日は注文に反映されるまで時間がかかることもあるから、その時間を毎回省略できるようになるのは嬉しいよね!

 

「ペイディあと払いプランApple専用」の仕組みペイディの支払い方法

 

今月分の支払いを翌月にまとめて支払いができます。支払い方法は下記の3点があり、いずれも月末締めとなります。

 

  Paidyの支払い方法

  • 口座振替(推奨)
  • 銀行振込
  • コンビニ払い

 

いずれも請求の案内は毎月1日〜3日の間にメールとSMSで送られてくるので、下記の日程までに支払いを完了させる必要があります。

 

  支払日

支払い方法 支払日
口座振替 翌月12日
(休業日は翌営業日)
銀行振込 翌月10日
コンビニ払い 翌月10日
(現金のみ)

※ すべて月末締め

 

月末までに請求確定した金額が毎月1日の13時までにアプリ内のMyPaidyにも反映されるので、そちらでも支払い方法を確認できます。

 

  手数料

支払い方法 手数料
口座振替 なし
銀行振込 振込手数料
(金融機関によって異なる)
コンビニ払い 税込356円
(支払い時に毎回発生)

 

口座振替だと手数料はかからないんだね。
銀行振込でも金融機関によっては振込手数料が無料のところもあるけど、毎回振り込む必要があるね。

 

口座振替(推奨)

手数料が無料な上に、毎回振り込む手間もないのでおすすめ

 

  口座振替の特徴

特徴
口座登録 必要
支払日 翌月12日
(休業日は翌営業日)
手数料 なし

 

口座振替は手数料が無料な上に、あらかじめ指定した口座から毎月自動的に引き落としがされるので支払いの手間が省けて便利です。

 

よって、事前に引き落とし口座を指定する必要があります。口座登録はMyPaidyに反映されるまで2〜3日(みずほ銀行は8〜10日)かかる場合があるので注意が必要です。

 

口座振替の登録手続きは月末までに完了した場合、基本は翌月請求分以降が口座振替となりますが、 みずほ銀行に限り21日以降に登録した場合は翌々月からの引き落としとなる可能性あり。

 

  引き落とし開始のタイミング

登録完了日
(Paidy反映日)
引き落とし開始日
月末まで 翌月12日
月末を過ぎた場合 翌々月12日

※ みずほ銀行はPaidyに反映されるまで、8〜10日かかる可能性があるので注意が必要。

 

注意ポイント

登録した日ではなく、MyPaidyに反映された日が登録完了日になる

 

引き落とし日は毎月12日(金融機関休業日の場合は翌営業日)ですが、1月および5月請求分の引き落とし日は20日(金融機関休業日の場合は翌営業日)になる場合があるようです。

 

  引き落とし日(口座振替日)

引き落とし日
基本 12日
(休業日は翌営業日)
1月と5月
請求分
20日の場合あり
(休業日は翌営業日)

 

1月と5月請求分については、20日の場合があると記載があるだけで、引き落とし日が確実に20日になるというわけではないようです。

 

口座振替日に残高が足りずに引き落としができなかった場合は、3〜5営業日後にPaidyから登録メールアドレス宛てにコンビニ・銀行振込でのお支払いに関する案内が送られてきます。

 

その場合、遅延手数料が適応される場合があるので注意しましょう。

 

口座の登録完了が月末に間に合わなかった場合はどうやって支払えばいいの?
その時は銀行振込か、コンビニ払いで支払うことになるね。登録が完了した月以降から口座振替になるよ。みずほ銀行の場合は完了したタイミングによるけど。

 

銀行振込

分割手数料は無料だが、金融機関による振込手数料は別でかかる

 

銀行振込の場合、分割手数料は無料ですが、下記のように振込手数料が無料になる金融機関でない限り、振込手数料が別途かかります。

 

  振込手数料無料の金融機関例

  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行 など

※ 回数の制限や条件がある場合あり

 

振込先は下記のどちらかで確認できます。

 

  振込先の確認方法

確認できる時期
Paidyアプリ内 毎月1日 13時以降
メールやSMS 毎月1〜3日に受信

 

登録したメールアドレスの迷惑メール設定で受信されない可能性もあるので、確実にメールが届くメールアドレスを登録しましょう。

 

  締め切り日

締め切り日
銀行振込 10日

 

口座引き落としの場合は引き落とし日が休業日だった場合、翌営業日となりますが、銀行振込の場合は10日が金融機関の休業日であっても締め切り日は変わらず10日となります。

 

締め切り日の10日までというのは入金日を指し、相手方に着金する日ではないので、仮に10日(土曜日)に振込をして、着金日が翌週の月曜日である12日になる分には問題ありません。

 

入金が反映されるまで2〜3営業日程度かかることがあり、支払済みでも「支払期日のご案内」メールが届く場合もありますが、行き違いの場合は無視して問題ありません。(振込先を間違えずに正常に支払いができている場合に限る)

 

注意ポイント

口座振替・銀行振込の場合はPaidyに入金が反映されるまで、支払ってから2〜3営業日程度かかる場合がある

 

入金の反映にタイムラグがあるのは少し不安だね。
Paidyからの銀行振込の場合は入金が確認できたら「お支払いありがとうございました」のSMSとメールが送られてくるから安心だよ。

※ Paidy経由ではない銀行振込の場合は、入金確認のメールやSMSは届かないので注意

 

コンビニ払い

毎回支払い時に手数料がかかる

 

通常のコンビニ払い(一括のみ)の場合は手数料がかかりませんが、Paidyからのコンビニ払いは支払いの都度、手数料356円が発生します。

 

  コンビニ支払い手数料

支払回数 手数料
一括払い 356円
(税込)
分割払い

 

iPhoneやMacの場合、支払い回数は24回になるので、24回も手数料がかかるとなると、合計8,544円にもなるので正直おすすめできません。

 

  対象のコンビニ

バーコード 端末
セブンイレブン ⭕️ ⭕️
(レジ)
ローソン ⭕️ ⭕️
(Loppi)
ファミリーマート ⭕️
(Famiポート)
ミニストップ ⭕️ ⭕️
(Loppi)
セイコーマート ⭕️ ⭕️
(レジ)

注意ポイント

ファミリーマートはバーコードでの支払いができない

 

上記のファミリーマート以外のコンビニであれば、Paidyアプリ内のバーコードをコンビニのレジで見せるだけで支払いができます。

 

ファミリーマートの場合はFamiポートという端末にお支払い受付番号を入力する必要があります。ファミリーマート以外のコンビニでも端末から受付票を発行して支払うことも可能です。

 

お支払い受付番号はMyPaidyまたはPaidyアプリで確認するか、1日から3日の間にPaidyから届く連絡から確認できます。

 

バーコードをレジの店員さんに見せるだけでいいのは楽でいいね!
ファミリーマートではできないから気をつけてね!

 

ゼロから最低限はじめるまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

クレジットカードを持っていなくても、加盟店での買い物が分割手数料無料で後払いができるサービス「Paidy(ペイディ)」の仕組みは理解できましたでしょうか。

 

  Apple専用のペイディの特徴

  • 対象は日本在住の18歳以上
  • 支払回数は製品によって異なる
  • 利用限度額は通常のペイディと別枠
  • 登録にかかる時間は5分程度
  • 一度登録すれば何度でも利用可能

 

  ペイディの支払い方法

  • 口座振替(推奨)
  • 銀行振込
  • コンビニ払い

 

ペイディの問い合わせ窓口

ペイディの問い合わせ窓口は下記になります。

 

  Paidyカスタマーサポート

電話番号:0120-971-918
営業時間:8時~19時
※メールでの問い合わせ先はこちら

 

  Paidyのメリット

  • あと払いができる
  • 手数料が無料で分割払いできる
  • 選択肢の幅が広がる
  • 審査がすぐ終わる
  • 一度手続きすれば次から審査がない
  • アプリで支払いの管理ができる

 

手数料無料で分割払いができるペイディは魅力的だね!
仕組みさえ理解していれば、使い勝手は最高にいいよ!

 

今回は以上となります。
本記事があなたの参考になれば幸いです。
また別の記事でもお待ちしています!

 

おすすめ記事

【必勝法】割引のないAppleストアでもお得に注文する方法【楽天リーベイツ】

続きを見る

あわせて読みたい

iPhoneを安くお得に買う5つの方法【Apple公式ストアでもお得】

続きを見る

 

少しでもこの記事を読んで参考になりましたら「ブックマーク登録」、「SNSでシェア」をしていただけると嬉しいです。

-Apple
-

error: Content is protected !!

© 2021 いまから Powered by AFFINGER5